NEW-MENU
スポンサーリンク

Tangem Notes(タンジェム ノート)に対応予定か

2019年3月9日、
IOHKのCEOで
カルダノ(ADA)とEthereum(ETH)の共同創設者
チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏のツイートに、

がアップされた。

チャールズ氏
Aaah Yeah

※公式アカウント
@IOHK_Charles Twitterより

ホルダー内でも噂になり、
Tangem(タンジェム)社の
ハードウェアストレージのスマート紙幣である
「Tangem note(タンジェム ノート)」の
カルダノ(ADA)が対応している映像である。

低価格での生産が見込まれている
薄型のコールドウォレット。

ADAクリプトカードもあるが、
こちらはNFC対応で非常に便利そうな
ウォレットで注目度が高い。

動画内のスマホは、


↑記事になっており、
サムスンペイ(Samsung Pay)が
1000万ユーザーのための仮想通貨を統合する予定であるとの事。

公式からのTangem note対応の発表が
今後あるかもしれないので動向をチェック!

スポンサーリンク

Tangemとは?

拠点:スイス
運営:Smart Cash社
公式サイト:https://tangem.com/

Tangem Notes

暗号通貨のためのハイグレードEAL6 +保護を備えたハードウェアストレージ。
回復不可能な秘密鍵は財布とその資産の複製を禁止します。

キャッシュライク
Tangem Notesは、チェーン外の物理取引を可能にします - カードを渡すだけで、手数料なし、即時検証、デジタルトレースなし

使いやすい
特別なインフラや複雑なアプリケーションは必要ありません。
NFC対応のスマートフォンでメモに触れて、
有効な資産が100%あることを確認してください。

SBIが子会社通して出資

2019年1月21日に出資。
ソース記事は コチラ

SBIバーチャル・カレンシーズの
動向もチェックしておきましょう。

SBIバーチャル・カレンシーズ公式HP
https://www.sbivc.co.jp/

スポンサーリンク
チャンネル登録

ADAコインを簡単に手に入れる方法
カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事