カルダノステーキングについて / About Cardano Staking

カルダノステーキングについて / About Cardano Staking

カルダノステーキングについて

カルダノステーキングでインセンティブを得る!

保有量に応じて得られるADA!
暗号通貨・資産を増やすための最適な方法とは。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)とは

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)
プルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-stake、PoS)は暗号通貨のブロックチェーンネットワークによる分散型コンセンサスの達成を目的とするアルゴリズムの一種。保有している暗号通貨の量が多いほど取引の承認権(新しいブロックをブロックチェーンに繋ぐ権利)を得やすい仕組み。ステーキングをする事により報酬が得られるので注目が集まっている。「保有量」を確保するユーザーが増える事により分散化も加速する。

簡単に比較

ビットコイン(BTC) → マイニング

カルダノ(ADA) → ステーキング

いつからできるの?

2020年7月29日にSHELLEYハードフォークが実施されます。

スケジュール詳細 ↓

この「SHELLEYフェーズ」が開始されたら
カルダノステーキングが可能です。

保有のADAをステークプールにステーキング委任する事で、
報酬としてADAがもらえます。

ADAの枚数
ステーキングを委任するプールの実績が重要です。

CoinPiace(コインピアーチェ)グループは、
実績のあるステークプールを運営しております。
※テストネットの段階で実績あり

実績のあるプール情報は コチラ

『StakePool Service(SPS)』

メインネットについて

メインネットは2020年7月29日にハードフォーク実施予定。

SHELLEY (非中央集権化)アップデート

SHELLEYフェーズ

インセンティブテストネットに参加

Cardanoユーザーは2019年12月から開始されたテストネットで、報酬としてADAを獲得できるようになりました。

※テストネットの段階で
インセンティブ(報酬)が得られます。

2019年11月29日 日本時間午後9時に行われたスナップショット時に必須条件をクリアしている方は、インセンティブテストネットで使用可能なADAをテストネット専用ウォレットで復元し、ステーキングを委任する事ができる。あくまでもテスト期間中での参加した報酬としてADAが付与される予定。メインネット公開時に付与される見込み。

最新情報
Epoch:189までの報酬がメインネットで還元予定。

ITNのアップデートについて
ますはテストネットに参加してみよう!
カルダノステーキングのテストネットに関するまとめ

2019年12月17日にステーキングが可能な専用ウォレットが公開!

↓ダイダロスウォレット

↓ヨロイウォレット
↓ヨロイモバイルウォレット

カルダノステークプール リスト一覧

カルダノステークプール リスト一覧

年間収益率

インセンティブテストネットでまずは確認!ステーキングプログラムの通常の年間収益率(報酬率)は7%から15%(概算値)の見込みが公開されています。

見込まれる報酬については、
インセンティブ付きテストネット報酬計算機

カルダノステークプールの説明

よくある質問

カルダノステークプールに関する質問!
カルダノステーキングに関するFAQ / Cardano Stake Pool FAQ

ステーキング公式サイト

https://staking.cardano.org/ja/

公開されている論文

カルダノが採用するのはプルーフ・オブ・ステークのアルゴリズムである。カルダノ開発のIOHKは70以上の論文を公開し、第三者機関の査読を受け、学術的にも科学的にも立証されたブロックチェーンであることから、暗号通貨業界でも一目置かれるプロジェクトの一つ。学術的に証明されているステーキングが世の中に与えるインパクトは未知数である。

ウロボロス:証明可能な安全なProof-of-Stakeブロックチェーンプロトコル
(2019/7/5)
『Ouroboros: A Provably Secure Proof-of-Stake Blockchain Protocol』
こちらを読む

Ouroboros Chronos:Proof-of-Stakeによるパーミッションレスクロック同期
(2019/07/19)

Ouroboros Chronos: Permissionless Clock Synchronization via Proof-of-Stake

こちらを読む

Proof-of-Stakeサイドチェーン
(2018/12/31)
Proof-of-Stake Sidechains

こちらを読む

最新の論文

IOHKの論文一覧
https://iohk.io/en/research/library/