【更新中】ステーキング最新情報
タンザニアでの展開を発表!カルダノ(ADA)アフリカスペシャル

モバイルインターネット接続、デジタルID、および国内の農村コミュニティへの経済的エンパワーメントを促進

2021年4月30日、
カルダノ(ADA)開発組織であるIOHK(IOG)は、カルダノ(ADA)アフリカスペシャルイベントで東アフリカの国であるタンザニアやザンジバル諸島での展開を正式に発表!

World Mobile Group社と提携し、タンザニアやザンジバル諸島での持続可能なインターネット接続を提供する。


エチオピアに続き、2番目の主要なパートナーシップが明らかとなりました。確実にアフリカでのユースケース(実需)が広がりつつあります。国家プロジェクトにブロックチェーンテクノロジーが組み込まれることで、アフリカに住む多くの人が恩恵を受ける可能性が向上しました。

エチオピアでは、次に2年で1億人のアイデンティティをカルダノブロックチェーンで構築!

ケニア、南アフリカ、ナイジェリア、ガーナなどの他のアフリカの国々にも注目していきましょう。カルダノコミュニティは、アフリカの諸外国を含め、世界中に存在しております。実需が伴いだしたカルダノ(ADA)の飛躍に乞うご期待!

【報酬確定!】人気のステークプール

ティッカー:【 SPS 】 ⇒ SPS公式サイト

☆ブロック生成の実績☆

6,110を突破!

世界トップクラスの人気(タップして開く)

SPSは多くの実績を残しているプールの1つです。

・ステーキング開始直後よりブロック生成
・常に数千万ADA以上の委任数がある
(人気がありすぎて飽和しています。)
・ブロック生成数も世界トップクラス
・ITN時代を含め1年以上の運営実績

報酬が得られるプール確定!!

世界中のADAホルダー様からの人気があります。CoinPiace運営のプールは、安定したステーキングライフをご提供しております。

PoolTool Awards SPSの実績】

アフリカスペシャル公開動画

字幕の設定方法

赤枠の「字幕」をクリック。

設定 → 字幕
自動翻訳を選択。

日本語を選択。

公式サイト


公式サイト:https://africa.cardano.org/

今スグにチェック!












掲載メディア

CryptoSlateの記事

↓ 翻訳文章 ↓

カルダノアフリカスペシャルは、今回はタンザニアとの2番目の主要なパートナーシップを明らかにします

本日アフリカスペシャルイベントで明らかにされたように、開発者IOGはカルダノの2番目の主要なパートナーシップ契約を獲得しました。

東アフリカの国タンザニアは、カルダノの親会社であるIOGと提携して、モバイルインターネット接続、デジタルID、および国内の農村コミュニティへの経済的エンパワーメントを促進します。

IOGのCEOであるチャールズホスキンソンは以前、暗号通貨の採用の導管としてのアフリカの重要性について話しました。彼は、ブロックチェーンの採用に関して、アフリカが世界の他の地域を飛び越えることを期待しています。カルダノは今、その努力の成果を見始めています。
タンザニアも恩恵を受ける

カルダノがアフリカの大きな政府契約を結んだという噂は何年も前からあります。Hoskinsonが鳥の着陸についての不可解なメッセージをツイートし始めた今年の初めに事態は激化した。

「小鳥が私の肩に着陸し、2月は本当に良い月になるだろうと私に言いました。鳥のゴシップは一般的に信頼できます。

最初の時間枠は発表なしで行き来しました。コミュニティの一部のセクションからのフラストレーションにつながります。しかし、火曜日にエチオピアのブロックチェーンベースの学生と教師のIDシステムが発表されたことは、批評家の回答に大いに役立ちました。

このシステムは、成績を記録してデジタルで確認し、学校の成績をリモートで監視することにより、教育と雇用を改善することを目的としています。

本日のアフリカスペシャルの放送で発表されたように、同社はまた、タンザニアでスケーラブルなインフラストラクチャを構築するために、2回目のパートナーシップ契約を締結しました。

このプロジェクトは、World Mobileと連携して、モバイルインターネットアクセスを持っていない人に提供することに重点を置いています。テレコムの顧客にデジタルIDを提供し、支払い方法としてADAを導入する予定です。

また、銀行口座がないことと、それに付随する保険、クレジット、ローンなどの金融商品へのアクセスの欠如の問題に取り組むためのフレームワークを提供することにより、金融包摂の問題に対処します。

このギャップを埋めることで、真の経済的価値を生み出すことが期待されています。
カルダノはすでにアフリカで大きな存在感を示しています

「アフリカ戦略」とは、日常の人々や企業のためにアフリカでカルダノの採用を構築することを指します。

今日のアフリカスペシャルイベントの前でさえ、IOGとそのパートナーは、現実世界の問題を解決するプロジェクトを提供することにより、地元の人々との交流に着手しました。例としては、農業取引のサービスや大陸でのサプライチェーンインフラストラクチャの実装などがあります。

同社の戦略には、地元の開発者を教育して、地元の問題の解決策を構築できるようにすることも含まれています。

本日の発表は、分散型で包括的な世界に対するホスキンソンのビジョンが現実のものになり始めていることを示しています。

参照:https://cryptoslate.com/cardano-africa-special-reveals-second-major-partnership-this-time-with-tanzania/

bitcoin.comの記事

ザンジバルとタンザニアに持続可能なインターネット接続をもたらすための新しいドライブで選択されたカルダノブロックチェーンインフラストラクチャ

研究開発製品エンジニアリング会社であるInputOutputは、アフリカへの進出において、ザンジバルとタンザニアのユーザーに持続可能なインターネット接続を提供することを目的とした新しいイニシアチブでWorld MobileGroupと提携すると述べています。パートナーシップ契約によると、カルダノブロックチェーンインフラストラクチャは、地元の事業主に手頃な価格のネットワークノードを提供するために使用されます。
新世界を開くためのパートナーシップ

この作業の取り決めに関する詳細を共有する声明によると、これらのネットワークの加入者は、入出力のデジタルIDソリューションであるAtalaPRISMにアクセスできるようになります。IDソリューションにより、「デジタルバンキング、医療、教育などのサービスを利用できるようになります」。

一方、パートナーシップ契約の発表後の発言の中で、ワールドモバイルチェーンのCEOであるミッキーワトキンスは、何年にもわたる怠慢が世界の一部を技術的に取り残したことを嘆いています。それでもなお、ワトキンスは、ワールドモバイルの入出力との「共生パートナーシップ」が「新しい世界を開く」という彼の信念を表明しています。

同様に、InputOutのCEOであるCharlesHoskinsonはこの合意を称賛し、彼の会社の「アフリカ大陸への長期的な取り組み」を示していると述べています。契約の一環として、Input Outputは現在WorldMobile Groupの10%の株式を所有しています。

その間、共同声明の中で、両社は、このパートナーシップを開始するように促したいくつかの理由を共有しています。たとえば、この声明は、「アフリカでは7億人以上がインターネットに接続していない」という事実を指摘しています。この状況は、モバイルネットワーク事業者がインフラストラクチャに適切に投資できなかったことが原因です。この投資の欠如は、「アフリカ人が教育、銀行、医療などの基本的なサービスにアクセスすることを排除する」ことにつながります。

しかし、ホスキンソン氏によると、この永続的な投資不足は、アフリカ大陸に有利に働く可能性があります。入出力CEOは次のように説明しました。

”深く組み込まれたレガシーインフラストラクチャの欠如により、ブロックチェーンベースのインフラストラクチャへの移行は比較的摩擦の少ないプロセスになり、開発途上国は次世代インフラストラクチャを採用することで先進工業国を「飛躍」させる可能性があります。”

Hoskinsonはまた、長年の「初期の約束」の後、ブロックチェーンテクノロジーは「最終的にそこに到達するのに十分成熟している」と信じています。

このパートナーシップ契約により、アフリカでのブロックチェーンテクノロジーの採用が促進されることに同意しますか?以下のコメントセクションであなたの考えを教えてください。

AtalaPRISMについて

Atala PRISM(自分で個人情報を管理し、さまざまな組織とシームレス、プライベート、かつ安全にやり取りできる分散型アイデンティティソリューション)は、銀行口座を持たない何百万人もの人々がブロックチェーン、金融、社会サービスにアクセスできるようにする分散IDシステムで世界中の利用者と個人情報を明確にして取引が可能となる予定。

公式サイト:https://atalaprism.io/

実際にアプリが公開されている。


https://apps.apple.com/jp/app/atala-prism/id1515523675

AtalaPRISMの発表があったカルダノバーチャルサミット2020の記事より

ステーキング最新情報

カルダノステーキングについて / About Cardano Staking

ADAが買える取引所

カルダノ(ADA)を増やしたい!人気の取引所はどこ?

【人気】スチールウォレットをチェック
TREZOR Model T
【実績重視】SPSのステークプール

重要なお知らせ

SPSは人気のプールなのでエポック234以降に飽和点に達しました。SPS系列プールのLive Stake(₳)バランス(64M ADA未満)を確認しながら、委任先のご変更をご検討ください。

再委任の候補先

【 SPS3SPS4SPS5 】

※全てのプールでブロック生成済みですのでご安心ください。

カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事