【更新】ステーキング最新情報
The Cardano Rust project

第三者の開発者を拡大「Cardano Rust Project」始動

10月1日付、

IOHKは初のオープンソースプロジェクト

「Cardano Rust Project」の開始を発表。

(カルダノ・ラスト・プロジェクト)

オープンソースプロジェクトの為、

第三者の開発者が

Cardano ADA(カルダノ エイダ)へ

関心を持つ事が予測される。

世界中で同時多発的に

コミュニティが拡大するのは間違いないので、

期待が高まる。

Cardano Rust Project(カルダノ・ラスト・プロジェクト)

Cardano Rust Projectは、

IOHKの最初のオープンソースプロジェクトであり、

ウォレットとノード機能のライブラリを提供。

top-rust

※Google翻訳にて

Rustプログラミング言語で書かれた
サードパーティ開発者用のCardanoの
暗号プリミティブのツールボックスを作成しました。
これは
IOHKの最初のオープンソースプロジェクトであり、
ウォレットとノード機能のライブラリを
提供しています。
また、
最も正確に設計された
暗号通貨であるADAの財布です。
IOHKのエンジニアは、
カルダノをオープンソースライブラリで
より多くの開発者に開放し、
世界のコミュニティにこのリソースを
蓄積させることを目指しています。

Cardanoへの軽量な方法

Rustは、
軽量で移植性があり、
「驚くほど速い」言語です。
これは、
多くのサードパーティ開発者に人気のある
Web、iOS、Androidプラットフォームに
コンパイルされます。
Cardano Rustプロジェクトは、
モバイル機器向けの製品を含む
独自のアプリケーションを構築して
統合したい開発者向けの
オープンソースのサンドボックスとして、
HaskellベースのCardano決済レイヤーと
並んでいます。
コマンドライン・インターフェースでは、
Walletは開発キットです。
リポジトリは公開されており、
プロメテウスとして知られている
プロジェクトの目的は、
繁栄したコミュニティに発展することです。
時間の経過とともに、
Cardano Rustプロジェクトは、
Rustに加えてプログラミング言語が
追加されるにつれ、
より多くの開発者に開放されます。
プロジェクトが進むにつれて
定期的な更新が行われます。
要約すると、
このオープンソースライブラリは、
幅広いサードパーティに
Cardanoブロックチェーンを開きます。
彼らはウォレットアプリケーションを構築し、
新規または既存の製品を
プラットフォームに統合し、
カルダノシステムの分散化を
スピードアップすることができます。

Rust(ラスト)は、

Mozillaが支援するオープンソースの

システムプログラミング言語。

「C言語」「C++」等に代わる

プログラミング言語として作成されている。

cardanorust

 

The CLI wallet

CLI

※Google翻訳にて

CLIウォレット:ADAを管理し、
アプリケーションを開発する
ADA暗号化の
コマンドライン・インターフェースWalletは、
ユーザーのシステム上で実行される
スタンドアロン・アプリケーションです。
この財布は、
ADAの保管、送信、受信に使用できますが、
Cardanoブロックチェーンプラットフォームの
ソフトウェア開発者にとっても強力な
エントリーポイントです。
コマンドラインインターフェースを備えた
このHD(階層的決定論的)ウォレットは、
IOHKのCardano Rustプロジェクトの
最初の製品です。
軽量ウォレットの背後には、
Rustプログラミング言語で書かれた
Cardanoの暗号プリミティブのオープンソースの
ツールボックスがあります。
IOHKのエンジニアは、
サードパーティの開発者、取引所、銀行など、
世界のプログラマが個別のブロックチェーン製品を
構築できる安全な基盤を提供する財布を作りました。

公式サイトはコチラ

格付け機関 Weiss Ratings社

この取り組みに、

Weiss Ratings社も大いに賞賛。

宇宙で最も有望なプロジェクト!

格付け機関からの評価は、

世界中の多くの人に認知される。

コミュニティの構築

チャールズ・ホスキンソン氏は

『"Javascript" "Ruby" "Python"のような

命令型の言語で書かれたクライアントを

見ることは非常に重要であり、

"Rust"や"C++"のような

システム言語で書かれたものを

見ることも非常に重要』

第三者の開発者によって、

オープンソースの開発コミュニティが広がり、

更なる発展をすれば、

カルダノプロジェクトは

暗号通貨の”標準”になる可能性がある。

上記の記事にあるように、

第三者の開発者(Third party developerが、

”鍵”となる。

そして、

「Ethereum(イーサリアム)」や

「EOS(イオス)」との協力、

互換性も視野にある。

より多くの人々に世界中で利用される、

最も機能的なプラットフォームの代表として

Cardano ADA(カルダノ エイダ)は

君臨する事であろう。

(期待も込めて)

世界中で起こるコミュニティの分散化により、

誰も止められない

「最も信頼できる記録の革命」

であると考える。

ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018

2018-hackathon

日本国内から世界へ!

コミュニティに参加

ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018

開催日:2018年10月27日~11月4日

会場:東京理科大学 富士見キャンパス

メインスポンサー:株式会社EMURGO
インフラスポンサー:SBクラウド株式会社

CARDANOブロックチェーン概略<一般向け>

EMURGOによる、

一般向けのCardanoの概要および目的が公開。

本文はコチラ

読む前のアドバイス ↓

【正規品】最安値をチェック
Ledger Nano S
TREZOR Model T
カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事