カルダノ(ADA)のSHELLEYにおける正式な仕様書が完成!公開中!
スポンサーリンク

New Shelley(シェリー)正式仕様書完成

2019年4月17日、
チャールズ・ホスキンソン氏(Charles Hoskinson)の
ツイートより、

チャールズ氏
シェリーの魂が出ている。

※公式アカウント
@IOHK_Charles Twitterより

スポンサーリンク

New Shelley formal specifications complete

New Shelley正式仕様書完成
発表された代表団とインセンティブの正式な仕様
New Shelley formal specifications complete
公式ブログは コチラ

和訳文章 まとめ

※Google翻訳 全文

スマホユーザー向けに

まとめております。
多少の誤変換にはご了承ください。

Cardano Shelleyフェーズの目標は、Cardanoに完全な分散化をもたらし、連合時代を超えて元帳の管理をステークプールを介してコミュニティに引き渡すことです。

Shelleyを提供するプロセスの一環として、最終コードが研究者が最初に彼らの出版物で想定したものと一致していることを検証することを可能にする正式な仕様を作成します。実装に依存しない仕様を作成することで、異なる言語を使用してシステムのコンポーネントを構築できます。それらが連携して動作することを確信しています。

私たちはシェリーの旅で重要な節目を迎えることに成功したことを発表できて嬉しく思います。キー仕様は現在完成しています。完成した仕様は以下のとおりです。

Cardano-Shelleyでの委任およびインセンティブに関する設計仕様
CardanoのShelleyリリースで使用される委任およびインセンティブメカニズムの要件および設計について説明します。

Cardano Ledgerの正式な仕様
委任やインセンティブを含むシェリーの元帳ルールを指定します。

元帳の非整数計算の指定
このドキュメントは、基本数学関数を使用するShelleyの元帳の非整数計算を正確に計算する方法を定義します。主な目的は、計算結果のわずかな違いによるチェーンフォークを防ぐために、アーキテクチャやプログラミング言語に関係なく、同じ結果が得られる明確な仕様を提供することです。

Byron時代からShelley時代への円滑な移行を実現するために、ShelleyコードはByronの規則と互換性がなければなりません。これを可能にするために、Byron時代の仕様も作成しました。

ByronリリースのためのCardano Ledgerの正式な仕様
この文書は、Cardano LedgerのByronリリースで実装されているように、取引で元帳を拡張するための規則を定義します。

ブロックチェーン層(Byron)の仕様
この文書は、ByronリリースおよびShelleyリリースへの移行におけるCardanoのブロックチェーン層の仕様として、ブロックチェーンに対する操作の推論規則を定義します。

本番コードでこれらの仕様を実装するプロセスは順調に進んでおり、仕様は数学、研究、および開発のコミュニティからのフィードバックを受けて改善され続けるでしょう。

仕様の最新版については、
元帳ルールの正式モデルGitHubリポジトリを確認してください。

参照元:
New Shelley formal specifications complete

よくある質問

カルダノステークプールに関する質問!
カルダノステークプールに関するよくある質問 /公式サイトで公開

スポンサーリンク
チャンネル登録

ADAコインを簡単に手に入れる方法
クロスエクスチェンジ毎日配当
クロスエクスチェンジ毎日配当5
カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事