【更新中】ステーキング最新情報
SEIZA(セイザ)正式に公開!ADAブロックチェーンエクスプローラー

EMURGOが新しいブロックエクスプローラを発表

2019年5月21日、
株式会社EMURGO(エマーゴ)の公式アカウントからブロックエクスプローラ「SEIZA」が公開された事について発表があった。

SHELLEYフェーズのステークプール情報やステーキングシムレート、データグラフを確認できるようになり今後増えるであろうユーザーを視野にいれた画期的なカルダノ(ADA)専用のブロックチェーンエクスプローラであり、Yoroi Wallet(ヨロイウォレット)も開発を手掛けるEMURGO(エマーゴ)の最新ツール。今後もカルダノ(ADA)の価値を底上げするアプリケーションやツールが開発されていく事でホルダーにとっても期待値が高い。

【報酬確定!】人気のステークプール

ティッカー:【 SPS 】 ⇒ SPS公式サイト

☆ブロック生成の実績☆

5,730を突破!

世界トップクラスの人気(タップして開く)

SPSは多くの実績を残しているプールの1つです。

・ステーキング開始直後よりブロック生成
・常に数千万ADA以上の委任数がある
(人気がありすぎて飽和しています。)
・ブロック生成数も世界トップクラス
・ITN時代を含め1年以上の運営実績

報酬が得られるプール確定!!

世界中のADAホルダー様からの人気があります。CoinPiace運営のプールは、安定したステーキングライフをご提供しております。

PoolTool Awards SPSの実績】

SEIZAとは

サイトURL:https://seiza.com/home
言語:英語・日本語

Seiza
Welcome to the beginning.

※公式Twitterアカウント
@seiza_explorer Twitterより
↑フォローをして最新情報をゲット!

EMURGO(エマーゴ)が開発した
公式のカルダノ・ブロックチェーンエクスプローラ。

この名は日本語の「星座」に由来し、EMURGO初のプロダクト『ヨロイ』のように、EMURGOに受け継がれる日本らしさを反映すると共に、ブロックチェーンにおける総合的な指針となることを目指すという意味が込められています。

スロット数、ブロック数、取引数、資金移動数、手数料、アクティブなアドレス数、空のスロット数と基本的な情報を検索可能!加えて・・・

近日公開予定の機能

・ステーキングシミュレーター

・ステークプール

Cardanoは通信ネットワークへの負担の少ないプルーフオブステーク (PoS)のコンセンサスメカニズムを採用しています。Cardanoが今後、公式にロードマップの第二段階「Byron」の時代から移行するのに伴い、Cardanoの暗号通貨であるADAの保有者は、まもなくステークプールに参加することができるようになります。PoSを活用した正式なブロックチェーンプロトコルでは、より多くのADAのステーキングを行うユーザーは、ブロック作成者として選ばれる可能性が高くなり、ゆえに報酬を得る機会も拡大します。このため、ネットワークの安全性を保ち、トランザクションの認証を行うにあたって、ステーキングは重要な役割を果たすと言えます。ステークプールは常にオンラインであることを保証できる複数のユーザーにより運用され、ユーザーは自身のステークをプールに委任することができるようになります。ADA保有者は『セイザ』により、こうしたステークプールのデータへの即自アクセスが可能となります。

参照元:Cardanoプロジェクト3社の1社であるEMURGOは、ブロックチェーンエクスプローラー『セイザ』の近日リリースをIOHKサミットで発表

その他のブロックチェーンエクスプローラー

カルダノ公式
Cardano Blockchain Explorer
https://cardanoexplorer.com/

基本機能
カルダノネットワーク上のアドレス、トランザクション、エポック、スロットを検索

コミュニティ制作
AdaScan
https://adascan.net/

【人気】スチールウォレットをチェック
TREZOR Model T
【実績重視】SPSのステークプール

重要なお知らせ

SPSは人気のプールなのでエポック234以降に飽和点に達しました。SPS系列プールのLive Stake(₳)バランス(64M ADA未満)を確認しながら、委任先のご変更をご検討ください。

再委任の候補先

【 SPS3SPS4SPS5 】

※全てのプールでブロック生成済みですのでご安心ください。

カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事