【更新】ステーキング最新情報
Trezor

ハードウェアウォレットのTrezorでCardano ADAを管理

【注意喚起】ステーキング前の心構え

Trezorに対応間近

ホルダーには朗報。

多くのホルダーが待っていました。

暗号通貨ハードウェアウォレット

『Ledger Nano S』が先かと思いきや、

Ledger Nano S

『Trezor』が先に対応しそうです。

Amazonでの購入はコチラから
trezor

日本正規販売店での購入はコチラから

TREZOR Model T(トレザーモデルT)

Trezor Model T

もしくは、コチラから

https://hardwallet.store/ref/126/

TREZOR-MODEL-T

先にGETしておくのもアリですね。

ダイダロスでもセキュリティは万全ですが、

やはり物理的に管理したい方は多いようです。

具体的な対応日時は不明ですが、

取扱いは間違いなさそうです。

ステーキングが始まったら、

どの様に管理・運用するか

こちらも注目です。

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)で保管

↓その他のニュース

Cardano’s Vision for Africa

アフリカ、仮想通貨への関心高まる

昨日、

アフリカでの仮想通貨関連ワード検索が急増中、

ビットコインのGoogle検索数は

南アフリカ、ガーナが1位2位を独占!

Cardanoへの注目もあり、

「Cardano's Vision For Africa」という報告書を発表。

cardano-africa

※写真は2018年5月撮影

カルダノ(左:チャールズ・ホスキンソン氏)と

エチオピア政府(右:科学技術省)の覚書締結時

アフリカ大陸での地固めが、

後で必ず効いてきます。

プロジェクトとして、

多くの人々の役に立つのは

カルダノ エイダだと思います。

その技術を、

世界中で使われることを切に願います。

【正規品】最安値をチェック
クロスエクスチェンジ毎日配当5
TREZOR Model T
カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事