【更新中】ステーキング最新情報
ADAホルダー必見!ITNのアップデートについて(今後の投票など)

IOHKチームからのメッセージ

2020年6月25日、カルダノフォーラムにIOHKチームからITNのアップデートについての投稿があった。投票は段階的に行われるものとなっており、プールオペレーター・ITN参加者・コミュニティ全体と分けられる。

詳細については、下記に要約を記載しております。

チャールズ・ホスキンソン氏より

この投稿は役に立ちます。今夜もホワイトボードをリリースします!

現在インセンティブテストネット(ITN)は、2020年6月19日(Epoch 189)で終了しており報酬は止まっています。しかし、ノードは動いており(Epoch 190以降)、分散化されたブロックチェーンがそこには存在します。

当サイトチームのStakePool Service「SPS」もIOHKの意見には賛同しており、プール運営は継続してネットワークに参加しています(ステーキングできる状態を維持)。

「SPS」は継続に【賛成】します。
※現段階でのCoinPiace/SPSの方針です。

現在のSPS

jormungandr v0.9.0で起動しています。

↓ v0.9.0でブロック生成も確認済み ↓

ITN専用 カルダノエクスプローラーで確認

今回のメッセージ(ITNについての内容)を要約すると、

ポイント
・ITNを継続させるための投票がある
・投票は2段階で行われる
・1段階目はプールオペレーター
条件 ⇒ 6月25日~6月28日の期間に
過半数がjormungandr v0.9.0ノード更新で投票可能!
ITNにテストネットADAを持っている人は誰でも参加OK!30%の参加しきい値(循環供給の45%に対応するITNのアクティブなステーク量の3分の2)と50%(投票参加者の参加しきい値を設定しています。 )で設定してあり、過半数を超えたら7月末まで報酬が追加。投票はアプリで出来るか作業中。
可決 ⇒ 継続・報酬 95,000,000 ADA 追加
     新しい報酬はエポック199から
※メインネットで還元されるかはまだ不明
否決 ⇒ ITNは終了

・2段階目はホルダーによる投票

コミュニティ全体(メインネットのホルダーも含む)が投票可能!投票権はメインネットより新たにスナップショットを元に付与される予定。

可決 ⇒ 追加報酬もメインネットで還元OK

否決 ⇒ 追加報酬はメインネットで還元NG

 

・メインネット開発に影響がない

⇒ 開発チームが違う

・メインネットでITNデータを活用

⇒ メインネット開発に貢献できる

・Voltaire(ヴォルテール)を体感できる

⇒ コミュニティの投票で物事が決まる

投票についても具体的な方法が明らかになってきます。

 

ITNに参加された方は是非一読してみましょう。

【ご案内】カルダノのステークプール

ティッカー:【 SPS 】 ⇒ SPS公式サイト
ITNでは、世界トップクラスの実績!
※メインネットに向けて準備中です。

ITNのアップデートについて

公開されたメッセージ

「An update on the ITN」
引用元:https://forum.cardano.org/t/an-update-on-the-itn/34870

和訳文章 まとめ

※Google翻訳 全文

スマホユーザー向けに

まとめております。
多少の誤変換にはご了承ください。

先週、私たちはITNネットワークの使用を新しい目的に拡張するアイデアを提案しました。つまり、カルダノの高速テストネットワークです。チャールズはまた、いくつかのビデオを作成し、週末にカルダノエフェクトに出演して、私たちの考えをさらに概説し、コミュニティのフィードバックを集めました。

私たちは非常に熟練したコミュニティの声に恵まれています。したがって、私たちはあなたの意見を聞いて、誰もが安心できる立場に着くようにしたかったのです。フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。私たちは注意深く耳を傾けてきました。これが私たちが提案しているものです。

火曜日に、昨年末に最初のシェリーテストネットワークを立ち上げて以来、ITNにパワーを供給しているノードであるJormungandr(ヨルムンガンド)の新しいバージョンをリリースしました。この最新バージョン(0.9.0)には、いわゆる「イースターエッグ」と呼ばれるものが含まれています。ステークプールのオペレーターがアクセスできる特別な組み込みCLIベースの投票機能。この機能を追加することで、現在何もすることなく、ITNの将来の使用に備えてオプションを開いたままにしています。

私たちが計画していること

IOHKでは、最初にこの議論を引き起こして以来、立場が明確になりました。 ITNの成功をもう少し長く活用する必要があると考えています。それは驚くべきサクセスストーリーであり、私たちはコミュニティのほとんどが同じように感じていることを知っています。 ITNを迅速なプロトタイピングとテストのための専用ネットワークとして継続することは、カルダノの今後の開発に非常に貴重な追加となると信じています。そのため、Shelley(シェリー)メインネットが完全に展開されるまで、この夏はこのアプローチを継続したいと思います。

何人かは、これがリソースをシェリーメインネットからそらすだろうという懸念を表明しました。これは事実上、私たちの主な目的です。それは非常に公平な点です。ただし、ヨルムンガンドチームは、シェリーロールアウトを提供するチームとはまったく別のものです。どのような継続も、これらのタイムラインに悪影響を与えることなく、メインネットのロールアウトと一緒に楽しく過ごすことができます。

実際、長期的に見ると、まったく逆のことがわかります。 ITNは、ステーキングメカニズムとウロボロスプラオスコンセンサスの開発とベンチマークに多大な貢献をしました。カルダノにとって、Goguen(ゴーグェン)、Basho(芭蕉/バショー)、Voltaire(ヴォルテール)を形成するためのこの探索的作業を継続することは明らかに有益だと私たちは信じています。ヨルムンガンドチームは、このことについてすでにいくつか考え始めています。最初の実験として、7月にその考えを実行に移したいと思います。

7月上旬に開催されるバーチャルサミットで、私たちの考えの一部を共有したいと思います。しかし、その間、この機会を逃したくありません。したがって、いくつかの迅速な決定を行う必要があります。

ITN実験の継続、特に1か月間の報酬の延長に同意するには、すべてのADA保有者のコミュニティの大多数が必要であることを認識しています。これはこれを行う唯一の公正な方法です。同様に、コミュニティに急いで決定を下したくありません。

したがって、これを2段階で行うことを提案しています。第1に、テクノクラティックな投票は、誰がこのアイデアにオープンであるかを確認するためにステークプールのオペレーターに焦点を当て、そしてそのアイデアに対して報酬を与えることでした。次に、最終的な決定が下される前に、カルダノ/ ADAホールディングコミュニティ全体に、この投資がやりたいことであるかどうかを決定するための投票が求められます。 ITNが今後Cardanoに将来の価値があるかもしれないと人々が感じた場合、彼らはそう言って、これらの追加の報酬がメインネットにリリースされることを許可することにより、それに対するいくらかの資金を投入することができます。そうでない場合は、それでも問題ありません。 ヨルムンガンドノードをオフにして、次に進みます。投票が「いいえ」の場合、追加の報酬(6月19日以降)はメインネットにエクスポートされません。

可能性を生み出すための1票、決定するための2票

まず、明日から6月25日のエポック195(2020-06-25 19:13 UTC)と198(2020-06-28 19:13:37 UTC)の期間で、ITNステークプールオペレーターが奨励されたネットワークの継続を見たいと望んでいることを確認するために投票を依頼します。シェリーメインネットがあれば、誰もがすでに獲得したものを取り戻すことができます。これは、約1か月間かかる可能性があります。したがって、新しい報酬はエポック199(2020-06-29 19:13:37 UTC)から支払うことができます。提案が過半数を受け取った場合、投票結果の日付がわかり、報酬ポットは95MテストADAによって増加します。

この最初の投票は、ITNにテストネットADAを持っている人なら誰でも参加できます。この時点ですべてのステークプールが発言権を持つことをお勧めしますが、ADA保有者はこの最初の投票に投票する必要はありません。これは完全にオプションです。彼らの発言は、7月の後半に発表される予定です(詳細は後ほど)。

もちろん、これが発生するためには、現在のITNステークプールがヨルムンガンドノードのバージョン0.9.xにアップグレードして、大多数のノードを形成し、投票メカニズムを有効にできることが前提条件です。過半数のノードが最新の場合にのみ投票計画を開始できます。このメッセージを確実に伝えるために、現時点では個別に話し合っています。

現在、投票が始まる前にテストネットサイトからリリースしたいと考えているシンプルなアプリ(作業中)に取り組んでいます。それ以外の場合、この投票は最新のノードリリースのCLI機能を介して行われます。

参加なしの代理はありません

この投票が適切に代表されるように、30%の参加しきい値(循環供給の45%に対応するITNのアクティブなステーク量の3分の2)と50%(投票参加者の参加しきい値を設定しています。 )で設定されます。投票自体は実験的なものですが、これらのパラメーターを設定することにより、この段階で投票を「公正」かつ可能な限り代表的なものにすることができます。

したがって、成功するには、最初の投票で有権者の50%+ 1(彼らのITNステーク量に対して)が「はい」と言う必要があります。棄権を選択した有権者は参加にカウントされますが、「はい」または「いいえ」のいずれの集計にも追加されません。

コミュニティが「はい」に投票した場合、95MテストADAを報酬ポットに割り当てます。これは、ITNでの毎月の合計報酬支払いに相当する量であり、私たちは公平だと感じています。この金額は、ブロックチェーン上とエクスプローラーバックエンドを介して表示されます。ただし、このADAは完全にはコミットされません。クレジットカードの事前承認のようなものだと考えてください。支払いをトリガーするため。これらの報酬をメインネットにエクスポートするには、2番目のステップが必要になります。

最初に述べたように、私たちはコミュニティ全体に発言権を与えたいと考えています。コミュニティ全体の承認がない限り、これらの「事前承認済み」の特典はメインネットでの利用価値がありません。

したがって、この最初の投票で「はい」と判断された場合、そのときだけ、第2ステージが始まります。それは、7月上旬に予定している2番目の個別の検証投票になります。

2番目の投票-コミュニティ全体に尋ねる

つまり、7月中にメインネットのスナップショットを撮ります。 DaedalusまたはYoroiでこのスナップショットの時点でADAを保持している場合は、投票権が付与されます。 心配しないでください。このスナップショットの少なくとも2週間前にお知らせします。

この第2段階の詳細については、後日お知らせします。しかし、簡単に言うと、確認キーを使用して投票するためのシンプルなアプリケーションインターフェイスを提供します。もっと期待してください。できるだけ多くのADAホルダーを含めたいので、十分な情報を提供し、できるだけ簡単に投票できるようにします…

上記で概要を説明したソリューションは、最初は少し複雑に見えるかもしれませんが、あまり注意を払っていません(それについてはお詫びします)。今後1~2週間で詳細をお知らせします。たとえば、チャールズはプロセスと現在の考え方を説明するために、すぐに新しいホワイトボードビデオを共有します。

ただし、これを迅速に進めることで、7月末にフォークする前に潜在的な資金を割り当てることにより、拡張ITNを実行するための選択肢を開いたままにしています。重要なのは、私たちが一方的に「決定」するのではなく、それが私たちの決定ではないためです。代わりに、7月のインフレからのADAをこの目的に使用するかどうかについて主要な利害関係者すべてに相談します。

コミュニティがこのイニシアチブをサポートしたい場合は、投票することになります。ただし、コミュニティが「いいえ」と投票した場合、割り当てられた95Mの報酬ポットは、7月29日にメインネットにエクスポートされません。プールオペレーターがノードをもう1ヶ月間実行することになり、それを実行することによるそれ以上のADA報酬が保証されないというリスクがあります。しかし、先週のコミュニティアウトリーチからの私たちの感覚は、この実験を試す準備ができているということです。また、これによりコミュニティはバーチャルサミットで議論される新しい実験的機能のベンチマークを行う機会を得ました。

IOHKの私たちは、この機会にそれだけの価値があると確信しています。正式な方法と堅実で着実な開発を信じているのと同じように、ITNのような俊敏なネットワークを持つことがCardanoプロジェクトにもたらす価値を見てきました。

しかし、結局のところ、これに関する決定はコミュニティにあります。 ITNを非常に成功させたのはコミュニティです。拡張機能がCardanoにさらなる価値を追加する可能性があるとコミュニティが感じた場合、それに応じて投票します。 ITNの将来の進化に関する決定が、今日それを可能にしたコミュニティにあることは正しくありません。

プロセス全体を開始するために、6月25日木曜日の午前0時(グリニッジ標準時)の前に、すべてのITNステークプールに0.9.xバージョンのヨルムンガンドへのアップグレードを依頼しています。その後、投票は次の3日間開かれます-195から198までの期間が含まれます。月曜日に結果を収集して共有します。 ITNを継続するのが(まだ、暫定的な)「はい」の場合、ヨルムンガンドチームはクラックを取得し、バーチャルサミットで最新情報をお知らせします。

これにより、このコミュニティイニシアチブの機会が生まれ、この直後にさらなるコミュニケーションが期待できます。 ADA保有者は、期日内に投票し、意見を表明するために、今週(および以下)の発表とリリースに注意深く従う必要があります。

メインネットについて

カルダノステークプールStakePool Service「SPS」はHaskellテストネットにも参加しており、サーバー調整・ブロック生成などの検証を重ねています。メインネット公開時に、安心してステーク委任して頂ける状態を提供させて頂きます。

ITNに投票する方法

プールオペレーター向け

関連記事

【正規品】最安値をチェック
Ledger Nano S
TREZOR Model T
【実績重視】SPSのステークプール

カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事