NEW-MENU
スポンサーリンク

2019年のカルダノ(ADA)

2019年1月30と31日の2日間、
横浜のパシフィコ横浜 ホールBにて
アジア最大ブロックチェーンカンファレンス
「Japan Blockchain Conference(JBC)- YOKOHAMA Round 2019 -」
(ジャパンブロックチェーンカンファレンス 横浜2019)が開催された。
前回の記事↓

JBC2019 A

スポンサーリンク

業界も注目のカルダノ(ADA)

https://twitter.com/emurgo_io/status/1090888631537954817

株式会社 EMURGO(エマーゴ)と
JBC2019 EMURGO
EMURGO HK(エマーゴ香港)が出展した。
JBC2019 EMURGO HK

会場では、
ステージAとステージBの二ヵ所でゲスト達が登壇し
ブロックチェーンに関する貴重な話が同時通訳で聞けた。
Simultaneous interpretation
カルダノ(ADA)関連では、

IOHK CEO チャールズ・ホスキンソン 氏

(2019年1月31日 9:50~10:30 ステージA)
JBC2019 Charles Hoskinson

EMURGO CEO 児玉 健 氏

(2019年1月31日 12:00~12:30 ステージB)
JBC2019 Ken Kodama

CTO(最高技術責任者)ニコラス・アルケロス 氏

(2019年1月31日 12:00~12:30 ステージB)
JBC2019 Nicolás Arqueros

EMURGO HK CEO ライアン・キング 氏

(2019年1月30日 17:30~18:00 ステージB)
JBC2019 Ryan King

ライアン氏の動画


EMURGO HKチャンネルより

チャンネル登録はコチラ

字幕の設定方法

Youtubeの字幕設定方法は コチラ

EMURGO CIO(最高投資責任者)マンミート・シン 氏

「STO・証券・ブロックチェーン」パネルディスカッション
(2019年1月31日 13:50~14:20 ステージA)が登壇
JBC2019 Manmeet Singh
同時刻にビッグニュース!

パネルディスカッション動画


EMURGOチャンネルより

チャンネル登録はコチラ

字幕の設定方法

Youtubeの字幕設定方法は コチラ

ヨロイウォレットでステーキング

EMURGO CTOのニコラス氏の講演後半、
今後予定されているカルダノステーキングに
ヨロイウォレット(Yoroi Wallet)が対応すると発表!

※画像 Twitterより
個人やコミュニティがPoS(プルーフオブステーク)に
参加しやすくなる事が予想される。

現段階では、
不明な点がほとんどであるカルダノステーキングだが
間違いなく開発が進んでおり、
個人ホルダーやコミュニティの活性化が
カルダノ(ADA)の価値を更に高めていく。

登壇者の発言で皆共通する点が、
「コミュニティ」の存在が非常に大事という事だ。

EMURGOを中心に動いている、
開発者の教育にも目が離せない。

ブロックチェーンで世界が変わると本気で思っている人が
多く存在しており、
この先も増えていく可能性が非常に高い。

カルダノ(ADA)以外のプロジェクトも、
同様である。

どの仮想通貨・暗号通貨・暗号資産が
将来に残るのか。

それは、「本物」が残るであろう。

ニコニコ静画でタイムシフト視聴可能!

2019/02/26(火) 23:59:00まで 視聴可能!
2019年1月31日(木)9:30 開始(8時間32分)の動画です。
行けなかった方も視聴してみましょう。
niconico-Japan Blockchain Conference
視聴URL:http://live.nicovideo.jp/gate/lv317898173
※ニコニコ動画の会員登録が必要です。
プレミアム会員がお得


Twitterアカウント

Cardano ADA(カルダノ エイダ)を応援しましょう!
@Emurgo_Japan
@emurgohk_jp
@YoroiWallet
@IOHK_Charles
@Emurgo_Ken
@NicoArqueros
@ryankinghk

今回のブロックチェーンコンテスト

最優秀賞はSIRIN LABS!
SIRIN LABS
CARDANOもパートナーなので、
「フィニー(FINNEY)」との兼ね合いも楽しみである。

スポンサーリンク
チャンネル登録

ADAコインを簡単に手に入れる方法
カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事