カルダノ(ADA) ジョージア(グルジア)政府とMoU(覚書)締結!
スポンサーリンク

次はジョージアとも手を組むIOHK

カルダノ(ADA)開発組織であるIOHK(インプットアウトプット香港)はジョージア(グルジア)政府との間で覚書を締結しました。

2019年6月17日、
IOHK(Input Output HK Ltd.)よりツイートより、

我々は今朝、グルジア(ジョージア)政府と覚書を締結し、グルジアの教育省と協力して、様々なプロジェクトの特定と実施に関する覚書を締結したことを発表できることを嬉しく思います。

IOHKはグルジア政府と協力する開発会社。

Crypto Ninjas記事

Blockchain dev company IOHK to collaborate with Georgian government

英文が読める方は コチラ

和訳文章 まとめ

※Google翻訳 全文

スマホユーザー向けに

まとめております。
多少の誤変換にはご了承ください。

ジョージア政府と協力するブロックチェーン開発会社IOHK

第3世代のブロックチェーン研究開発会社であるIOHKは本日、ジョージア政府と覚書を締結しました。

覚書には、ブロックチェーン技術を政府のサービスに組み込むことで、国際ビジネスの最高のハブになるという目的に向かって国を支援するために設計された当事者間の2年間の協力があるでしょう。

大手ブロックチェーンエンジニアリング会社であるInput Output Hong Kong(IOHK)との提携により、ジョージア州政府のビジネスおよび教育サービスは、技術の向上をもたらします。

ジョージ王国政府は大学の分野を特定し、さらに、IOHKの専門知識が安全に検証されることを保証することに加えて、IOHKの専門知識が非常に重要になる分野として、ヨーロッパ全体の高等教育資格との比較可能性を確保するために現在進行中の作業です。

同省とIOHKは、ブロックチェーン対応ソリューションを開発するために協力して次のことを行います。

・ブロックチェーンテクノロジとデジタル資産に基づいてフィンテックビジネスをサポート
・第3世代のブロックチェーン技術を使用して、省が機密データのセキュリティを向上させるのを助けます
・スマートコントラクト機能をそのサービスに統合する際に省を支援する
・ジョージアの大学の資格がヨーロッパ全土の高等教育の資格と同等であることを保証するための同省の現在の作業を支援する

Mikheil Batiashvili、文部科学大臣

「ジョージアは、世界銀行の「ビジネスのしやすさ」指数の前回の112位から現在の6位まで、米国や英国を含む多くの国際ビジネスのハブに先んじて、エキサイティングな旅をしました。しかし、IOHKの世界をリードする専門知識、特に第3世代のブロックチェーンテクノロジを活用することで、安全でデジタル対応の国際ビジネスで世界をリードする国になるという目標に向かってさらに前進できることを期待しています。 」

IOHKは一連のワークショップ、ミートアップ、フォーラム、およびその他のイベントを開催します。この秋の前に最初に開催され、国内で最も差し迫った課題と既存のスキルベースを特定します。

このスコーピング作業は、ジョージア州のビジネス、政府、教育分野にIOHKのブロックチェーンテクノロジを埋め込むための幅広いプロジェクトの一環として取り組む必要がある技術、商業、運用などの分野を検討しながら、さまざまな実現可​​能性調査の設計に役立ちます。

IOHKのCEO、Charles Hoskinson氏

「私たちは、ビジネス、教育、政府サービスにわたるさまざまなプロジェクトで、グルジア政府と協力していることに非常に興奮しています。国の強い大学部門と政府側の「できること」の態度の組み合わせは、国が急速に国際ビジネスのための世界で最も魅力的なハブのうちの1つとして自分自身を確立するのを見ました。ジョージア州でブロックチェーンエコシステムを開発し、人々が直面する課題を解決できるよう支援することを楽しみにしています。」

本日、Memorandum of Understandingを介して開始されたこの提携は、IOHKとジョージア州教育科学省が、幅広い第3世代ブロックチェーン対応プロジェクトの特定と実施に取り組むことになるでしょう。

参照元:
https://www.cryptoninjas.net/2019/06/17/blockchain-dev-company-iohk-to-collaborate-with-georgian-government/

スポンサーリンク

エチオピア・モンゴルに続くジョージア

以上の記事からも分かるように、ジョージア政府とも手を取りブロックチェーン技術を導入していく流れであり、エンジニアの育成にも力を入れていく見込みである。

ホスキンソン氏からも、

チャールズ氏
忙しい一日になる。私は2つのMOUsを署名し記者会見の機会を得た。

※画像 公式アカウント
@IOHK_Charles Twitterより

最初のMoUは、アタラとカルダノを使用してグルジアおよびその他の世代の認証検証システムを構築するために探求するために文部大臣と署名しました!

資格の検証のためにアタラとカルダノを使用して探検するために、ここティビリシの大学とMoUに署名しました!

カルダノ(ADA)はSHELLEY(シェリー)がまもなくテストネット公開され、2019年内には分散化に完全移行の予定である。GOGUEN (ゴーグエン)フェーズ、スマートコントラクト、dapps、アタラフレームワーク、様々なシステムの実装予定であると同時に開発者の育成も手掛けているチームはカルダノ(ADA)が世界トップクラスである事は間違いない。IOHKが学術的にも論文→査読を受け、正式に認められているからこそ国レベルに提供できる技術がそこにはある。政府案件があるのはカルダノプロジェクト!

IOHK、EMURGO、カルダノ財団、コミュニティ、全体での動きをこれからもチェックしていただきたい。

関連記事

スポンサーリンク
チャンネル登録

ブロックチェーンの世代交代
ブロックチェーン世代

ADAコインを簡単に手に入れる方法
クロスエクスチェンジ毎日配当
クロスエクスチェンジ毎日配当5
カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事