ブロックチェーン世代
カルダノ(ADA)モンゴル暗号通貨協会・フィンテック協会とMoU締結
スポンサーリンク

モンゴルとも手を組むIOHK

カルダノ(ADA)開発組織であるIOHK(インプットアウトプット香港)はモンゴルのブロックチェーン技術と暗号通貨協会およびモンゴルのフィンテック協会との間で覚書を締結しました。

2019年5月11日付、
IOHK(Input Output HK Ltd.)よりツイートより、

本日、IOHKがモンゴルのブロックチェーン技術と暗号通貨協会およびモンゴルのフィンテック協会との間で覚書を締結しました。 この覚書は、モンゴルでのブロックチェーンプロジェクト開発・実装、教育と育成を支援するものです。 詳細は近日公開予定!
テストネットで報酬(ADA)がもらえる!!!
スポンサーリンク

エチオピアに続くモンゴル

以上の記事からも分かるように、モンゴル政府とも手を取りブロックチェーン技術を導入していく流れであり、エンジニアの育成にも力を入れていく見込みである。
ホスキンソン氏が述べていた、

チャールズ氏
私たちは、医学の18%のような問題について話しています。 [モンゴル]は偽造または低品質な偽造されているものが多く、農村地域の40%は偽造または低品質な偽造されたものがあります。それで、あなたは製薬会社の信頼がしたことのようなトレーサビリティプログラムをどのように置きますか。

※画像 公式アカウント
@IOHK_Charles Twitterより

医薬品偽造問題の改善にブロックチェーン技術がどの様に役立つのか注目が集まる。カルダノ(ADA)のエコシステムがベースにある事は予想されているが真相は明らかにはなっていない。

しかし、カルダノ(ADA)はSHELLEY(シェリー)へのアップデートや、GOGUEN (ゴーグエン)フェーズ、スマートコントラクト、dapps、様々なシステムの実装予定であると同時に開発者の育成も手掛けているチームはそう多くはない。IOHKが学術的にも論文→査読を受け、正式に認められているからこそ国レベルに提供できる技術がそこにはある。

IOHK、EMURGO、カルダノ財団、コミュニティ、全体での動きをこれからもチェックしていただきたい。

関連記事

スポンサーリンク
チャンネル登録

ブロックチェーンの世代交代
ブロックチェーン世代

ADAコインを簡単に手に入れる方法
クロスエクスチェンジ毎日配当
クロスエクスチェンジ毎日配当5
カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事