【更新】ステーキング最新情報
新カルダノロードマップがまもなく公開!?「BACK SOON」が表示!

NEW CARDANO ROAD MAP

2019年4月24日、
カルダノ(ADA)公式のロードマップページが「BACK SOON」に変更された事を確認。新ロードマップ公開は間近である。
新カルダノロードマップ2020 BACK SOON
ロードマップのURL:
https://cardanoroadmap.com/

【注意喚起】ステーキング前の心構え

先日公開されたページ

先日公開された
新ロードマップのテンプレートページが更新。
※現在は準備中の状態に戻っています。
roadmap1

カルダノは、分散型のパブリックブロックチェーンおよび暗号通貨プロジェクトであり、完全にオープンソースです。 カルダノは、以前に開発されたどのプロトコルよりも高度な機能を提供しようとするスマートコントラクトプラットフォームを開発しています。 それは科学哲学と研究主導のアプローチから進化する最初のブロックチェーンプラットフォームです。 開発チームは、エキスパートエンジニアと研究者の大規模なグローバル集団で構成されています。

roadmap2
THE PROJECT

カルダノは、まだ開発されているどのプロトコルよりも高度な機能を備えたブロックチェーンプラットフォームであり、科学哲学から発展した最初のものです。世界中から集まった私たちのエキスパートエンジニアと研究者の大規模なチームは、暗号通貨の概念を解体することから始めました。それから、私たちの革新的なProof of StakeアルゴリズムであるOuroborosを組み込んで、IOHKチームは査読付き学術研究によって推進される第一原理アプローチを採用して、カルダノをゼロから構築しました。

この独自の共同作業により、分散システム、メカニズム設計、暗号化などの分野を統合した製品として、最も正確に設計された暗号通貨が着実に構築されました。その結果、ミッションクリティカルなシステムに必要な回復力を提供し、この場合は投資を確保する、Haskellコードに基づく最初の暗号通貨が生まれました。

Cardanoのマルチレイヤプロトコルは高度な機能を実行し、その基盤にはコントロールレイヤにエレガントにリンクされた決済レイヤがあります。コントロール層がスマートコントラクトを実行するのに対し、決済層は会計単位を持ちます。制御層は、同一性を認識し、コンプライアンスを支援し、例えばブラックリストを許可するようにプログラムされます。

全体として、プロトコルの設計は、規制当局のニーズも考慮しながら、ユーザーのプライバシー権を保護することを目的としています。そうすることで、カルダノは微妙で効果的な方法でこれらの要求をバランスさせる最初のプロトコルであり、暗号通貨のための新しいアプローチを開拓しました。さらに、プラットフォームはしっかりと構成されていますが、進化し、変化するニーズに適応するための必要性も認識しています。その結果、ソフトフォークでアップグレードできるシステムを設計し、プロトコルの持続可能性を保証する財務システムをインストールしています。

完全にオープンソースで特許フリーのCardanoは、コラボレーションの精神のもとに構築されました。効率とスケーラビリティを考慮して設計されたCardanoエコシステムは、これまでに構築された中で最も完全で最も有用な暗号通貨に発展しています。

OUROBOROS
プルーフオブステークのマイニングについて

DAEDALUS
ダイダロスウォレットについて

roadmap3
CARDANO ROADMAP

※具体的な公開日は未定
詳細が公開され次第アップします。

関連記事

【正規品】最安値をチェック
クロスエクスチェンジ毎日配当5
TREZOR Model T
カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事