NEW-MENU
スポンサーリンク

チャールズ・ホスキンソン氏のインタビュー

2019年4月9日、
チャールズ・ホスキンソン氏(Charles Hoskinson)の
ツイートより、

元帳のバランスをとる上で素晴らしい時間。

とツイートがあった。
フォーチュン(Fortune)のインタビューである。

フォーチュンとは
アメリカのメディア・コングロマリットのメレディスが発行するビジネス雑誌。発行部数86万部、通常年間で14号が発刊され、世界120ヵ国でおよそ500万人が読む、世界最大の英文ビジネス誌。
スポンサーリンク

Balancing the Ledger

Balancing the Ledger: IOHK's Mission to Bring Crypto to All
Balancing the Ledger IOHK's Mission to Bring Crypto to All
※字幕なし
参照元:Balancing the Ledger: IOHK's Mission to Bring Crypto to All

Forbes記事にてCardano

アフリカについての素晴らしい記事!

※2019年4月4日付の記事の為、追記

アフリカにピックアップしている、
カルダノ(ADA)プロジェクト。

和訳文章 まとめ

※Google翻訳 全文

スマホユーザー向けに

まとめております。
多少の誤変換にはご了承ください。

Cardano

大陸でのイニシアチブをリードするために、カルダノは、エチオピアのアディスアベバに本部を設立するためにジョン・オコナーをタップし、ウガンダ、ケニア、そして南アフリカに拡大するという野心を持っていました。 オコナー氏は、スキルと情熱が調和した仕事に最適な人でした。イギリスで育ち、オックスフォードで教育を受けたジョンは、母方のエチオピアのルーツに忠実であり続け、土地所有権の紛争や汚職が家族にどのような影響を与えたのかを目の当たりにしました。彼は、彼の家族の土地を主張するために、政府職員に贈賄した男の物語を思い出します。

Forbesより

Forbesより

左から:ジョン・オコナー氏、チャールズ・ホスキンソン氏、エチオピア技術大臣のゲタフーン氏。

ほとんどのアフリカ諸国は信頼の不足に苦しんでいます。西側諸国では制度的信頼は当たり前のことと見なされることが多いのに対し、アフリカでは信頼は非常に重要です。土地の所有権の場合、問題は単純です。あなたが土地を所有しているかどうかわからない場合、または所有していることを証明できない場合、なぜそれを基にしたいのでしょうか。同じ論文があなたの労働力や商品の支払いにも当てはまります。物理的な世界とデジタルの世界の間のこの摩擦は、カルダノがその最大の機会を見るところです。

IOHKのアフリカオペレーションディレクターであるジョン・オコナー氏は、次のように述べています。

IOHKは、最初に農業で、アフリカの開発に正面から立ち向かうことを目指し、フェアトレードコーヒーのための独自のサプライチェーンの立ち上げさえも目指しています。 agtechは別として、Cardanoはビジネスプロセス、土地の所有権、医療、公共交通機関、そしてもちろん支払いの他の分野における将来の潜在的な影響を見ています。

スポンサーリンク
チャンネル登録

ADAコインを簡単に手に入れる方法
カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事