【更新中】ステーキング最新情報
IOHKが新たな提携を発表!Wolfram Alpha、Nervos Network、Bondly

Cardanoはビーストモード継続中!2021への期待値は高い!

2020年12月18日、
カルダノ(ADA)開発組織であるIOHK(インプットアウトプット香港)より、新たなパートナーシップや開発の進捗について多くの発表があった。

本日、エキサイティングな新しいパートナーシップフレームワークを発表します。
【報酬確定!】人気のステークプール

ティッカー:【 SPS 】 ⇒ SPS公式サイト

☆ブロック生成の実績☆

6,110を突破!

世界トップクラスの人気(タップして開く)

SPSは多くの実績を残しているプールの1つです。

・ステーキング開始直後よりブロック生成
・常に数千万ADA以上の委任数がある
(人気がありすぎて飽和しています。)
・ブロック生成数も世界トップクラス
・ITN時代を含め1年以上の運営実績

報酬が得られるプール確定!!

世界中のADAホルダー様からの人気があります。CoinPiace運営のプールは、安定したステーキングライフをご提供しております。

PoolTool Awards SPSの実績】

3つのパートナーシップ

今回、①Wolfram Alpha、②Nervos Network、③Bondlyの提携が明らかとなった。

Wolfram Alphaについては、IOHK SUMMIT 2019やCARDANO VIRTUAL SUMMIT 2020 SHELLEY EDITION(カルダノバーチャルサミット2020 シェリーエディション)の特別ゲストで出演されたスティーブン・ウルフラム氏と密な関係性を続けてきた成果が見え始めています。

Wolfram Alpha


IOHK、Wolframとの提携でCardanoをパワーアップ
https://forum.cardano.org/t/iohk-wolfram-cardano/43378

Cardanoは業界をリードするWolframのテクノロジー&ノレッジベース、Wolfram Alphaへの統合でビットコインとイーサリアムに参加。ただしこれは、エキサイティングな新提携の始まりに過ぎない。

COINTELEGRAPH記事

COINTELEGRAPHでも取り扱われています。

AppleのSiriアシスタントなどの主要なサービスにテクノロジーを提供する主要な計算知識エンジンであるWolframAlphaは、Cardanoブロックチェーンからのデータを統合しています。

木曜日の発表によると、Wolfram Blockchain Labs(Wolfram Researchの子会社)であるWBLは、CharlesHoskinsonが設立したテクノロジー企業IOHKと提携しています。

パートナーシップの一環として、WBLはCardanoのブロックチェーンデータをWolfram Alphaに統合し、開発者が外部データをCardanoのスマートコントラクトに統合できるようにします。新しいパートナーシップは、高度なスマートコントラクトを構築するために必要なコンポーネントであると企業が信じている、いわゆる「アバンギャルドオラクル」の作業に特に対処します。

発表によると、WBLとIOHKは2021年に機能を展開し、年内に統合をリリースする予定です。

Wolframの計算技術と知識ベースは、以前はビットコインブロックチェーンやイーサリアムネットワークなどの主要なブロックチェーンプラットフォームと統合されていました。他の統合プラットフォームには、ARKブロックチェーンフレームワークと、マックスプランク協会が主導する主要なブロックチェーンイニシアチブであるBloxbergが含まれます。

さらに、IOHKはWBLと緊密に連携して、ブロックチェーンベースのコマースとビジネスモデルの変革を可能にするという幅広い使命の一環として、スマートコントラクトベースのアプリケーションを開発します。パートナーシップに続いて、WBLはコース資料にCardano固有のコンテンツを含めることも計画しており、開発者はCardanoでWolframツールとオラクルを最適に使用する方法を学ぶことができます。

Wolfram Alphaは自然言語処理ツールであり、AppleのSiriおよびAlexaインテリジェントアシスタントのプロバイダーです。 WolframResearchによって開発されたWolframAlphaは、いわゆる「回答エンジン」として機能し、構造化データから回答を計算することにより、事実に基づくクエリに対する回答を直接提供します。

公式サイト:https://www.wolframalpha.com/
公式アカウント:@Wolfram_Alpha

Nervos Network

パブリックチェーンプロジェクトNervosとCardanoは共同で、ビットコインネットワークで最初に採用された最も一般的な会計方法の1つである未使用トランザクション出力(UTXO)を改善することにより、スマートコントラクトのセキュリティを強化する研究イニシアチブを開始しました。

NervosとCardanoの開発チームであるIOHKは、UTXOモデルの改善方法、オープンソースの将来の開発方法に関する研究論文を共同執筆し、会計方法の普遍的な標準の作成を検討します。これらは、他のUTXOベースのブロックチェーンと提携して、業界の研究、開発、教育におけるコラボレーションを支援します。

ネルボス氏は、すべてのアカウントでユーザーの未使用のトランザクションを追跡し、すべてのトランザクションを監視するUTXOは、イーサリアムなどのスマートコントラクトベースのブロックチェーンで使用されるアカウントベースのアカウンティング方法よりも安全な代替手段であると述べています。 CoinDesk。
市場に関する毎日のニュースレターであるFirstMoverを購読してください。
サインアップすると、CoinDesk製品に関する電子メールが届き、利用規約とプライバシーポリシーに同意したことになります。

アカウントベースのアカウンティング方法は、ユーザーのアカウントの全体的な残高を追跡するだけで、アカウント内の個々のトランザクションを監視しないため、特に分散型ファイナンス(DeFi)プロトコルの場合はハッキングに対してより脆弱です。

NervosとIOHKは、それぞれのブロックチェーンに変更バージョンを採用しています。 2つのプロジェクトは、会計方法を改善するために専有情報を共有します。

「UTXOは多くの点でアカウントモデルよりも優れており、セキュリティ、プライバシー、スケーラビリティが向上しています。これらはすべてDeFiにとって重要です」とNervosの共同創設者であるKevinWang氏は述べています。

暗号インテリジェンス会社CipherTraceのレポートによると、多くのDeFiプロジェクトは、悪意のある攻撃者が悪用できる脆弱性を備えた未監査のスマートコントラクトに依存しています。

Cardanoは先週、ブロックチェーンのスマートコントラクト機能に焦点を当てる第3の主要な開発フェーズへの移行の一環としてハードフォークを立ち上げ、NervosはEt​​hereumのERC-20標準と競合する新しいトークン標準sUDTを発表しました。

公式サイト:https://www.nervos.org/
公式アカウント:@NervosNetwork

Bondly


分散型eコマースプラットフォームBondlyは、Goguenスマートコントラクト機能のプラットフォームの展開の一環として、Cardanoブロックチェーンで実行される最初の分散型ファイナンスプロジェクトになります。

Twitterの発表で、Cardanoプラットフォームを構築した会社IOHKは、パートナーシップを「分散型金融を大衆にもたらすという両社の使命を継続する上での大きな一歩」と呼びました。

2021年2月までに完了する予定のGoguenの展開により、分散型アプリケーションをネットワーク上に構築し、DeFiプロジェクトをCardanoのエコシステムに統合することができます。 IOHKのCEOであるチャールスホスキンソン氏は、Bondlyのようなアプリをプラットフォームに導入することで、「DeFiはその真の可能性を最大限に発揮し、最終的にはグローバルなデジタル金融システムに完全に取って代わるように拡張できる」と述べました。

アップグレードが増えると、Bondlyは既存のPolkadotプラットフォームを補完するために、その暗号通貨をCardanoにBONDLYで追加します。また、店頭取引プラットフォームBSwapと、分散型エスクローおよび購入者保護を提供するeコマースプラットフォームBONDProtectを介して、同社の2つのコア製品を橋渡しします。

ETHトランザクションがERC-20トークンで行われるトランザクションよりも重要視されるイーサリアムとは異なり、Goguenアップデートでは、プラットフォームで発行される他のトークンよりもCardanoトランザクションが優先されません。これにより、CardanoのネイティブトークンADAのすべてのセキュリティ機能とスマートコントラクト機能を継承する非ネイティブトークンのパフォーマンスが向上します。

CardanoのGoguenアップグレードが完全に実装された後、プラットフォームのMarloweプロジェクトが開始されます。このイニシアチブは、カルダノで直接ピアツーピアのローンと差金決済取引(CFD)を可能にします。プラットフォームユーザーは、DeFi契約とデジタル資産の既製のテンプレートを起動して、プラットフォーム上で契約の条件を転送することができます。

今週初め、同社は別のDeFiプロジェクトであるLiqwidを、ProjectCatalystの一部としてADA資金で25万ドルを受け取る可能性のある候補として発表しました。

ホスキンソンは常にカルダノに対する壮大な野心を持っていました。 2020年7月、彼はカルダノがDeFiセクターのリーダーになることを提案しました。 6か月前、IOHK CEOは、YouTube AMAで、カルダノが年末までにビットコインをナンバーワンの暗号通貨として置き換えると予測しました。それはまだ起こっていません...しかし、まだ3週間あります。

公式サイト:https://www.bondly.finance/
公式アカウント:https://twitter.com/bondlyfinance

12月のCardanoプロダクトアップデート

タイムライン(タップで開く)

ホストのTimHarrison&Aparna Jueに参加して、2020年の最後の月例ショーに参加してください。ここでは、カルダノに関する最新ニュース、2021年の少し先を見据え、その年を少し振り返ります。

0:00)AparnaJueとTimHarrisonによる12月の月次製品アップデートへようこそ

1:51)IOHKの最高執行責任者であるRomainPellerinとオペレーションディレクターのGerardMoroneyが、2020年に達成されたマイルストーンを振り返ります。

11:15)Darko Mijic、Filip Dimitrijevic、およびSebastian Guillemotが、2020年にDaedalusとYoroiで行われた進捗状況について最新情報を提供します。

23:44)Dor Garbashは、Project Catalystの成果を強調し、2021年のオンチェーンガバナンスの概要を示しています。

32:35)Vukasin Vukoje、Michael Peyton Jones、およびDimitris Poulopoulosは、2021年のGoguen開発をプレビューします。

38:07)Vukasin Vukojeは、本日発売された新しいKEVMdevnetのデモを行います。

41:37)Sandro Coretti-Draytonは、側鎖とHydraプロトコルを開梱します。

50:32)RomainPellerinがKevinWangと一緒にNervosNetworkに飛び込みます。

1:00:33)WolframResearchのJonWoodardが、WolframとIOHKの新しいパートナーシップについて話します。

1:08:00)AparnaJueとJonWoodwardが、ブロックチェーンでのオラクルの製品\市場適合について話します。

1:15:26)Brandon Smith Of Bondlyが、IOHKとの新しいパートナーシップの付加価値を紹介します。

1:27:27)ロッド・アレクサンダーは、アフリカの事業の発展についてジョン・オコナーから最新情報を受け取ります。

1:38:43)AparnaJueとTimHarrisonが2020年のハイライトを紹介します。

スマートコントラクトの開発環境「KEVM」


これは、Davidと新しいEthereum Virtual Machine(KEVM)devnetについての簡単な説明です。これは、来月かそこらで構築するいくつかの最初のもの(Glow&IELEは近日公開予定)です。

一緒に、新しいdevnetsは、カルダノでのスマートコントラクト開発のための多くの機会を開きます。

KEVM、Glow、およびIELE devnetは、Goguenの主要な目標であるCardanoに使用と有用性をもたらし、開発者エコシステムの継続的な成長に貢献する強固で永続的なパートナーシップを構築することと密接に連携しています。 私たちは、多様性と包括性を促進するために、できるだけ多くの分野からできるだけ多くの開発者を引き付けることを目指しています。

PlutusやMarloweと並んで、これらのdevnetは、開発者(blockchain-cryptoの世界およびそれ以降)がCardanoプラットフォームに関与し、説得力のあるユースケースを構築し、エコシステムの成長に貢献するための比類のない機会を提供すると信じています。

Solidity / Ethereum開発の経験があり、プログラムに参加したい場合は、ぜひご参加ください。

プログラムに参加

New Devnets Program

Virtual Machines


https://developers.cardano.org/en/virtual-machines/kevm/overview/

COINTELEGRAPH記事

スマートコントラクトを作成するための主要なプログラミング言語であるSolidityは、間もなくCardanoブロックチェーンと互換性を持つようになります。

Cardano開発者のWebサイトでの木曜日の発表によると、Cardano開発者は、ネイティブのEthereumコードを使用する相互運用可能なプラットフォームを通じて、CardanoをSolidityおよびEthereumコミュニティに開放しています。

取り組みの一環として、Cardano開発者は、K Ethereum仮想マシン(KEVM)開発者ネットワークプログラムを再起動して高速化することを計画しています。 devnetは、いわゆる「Kフレームワーク」(言語と仮想マシンを指定および作成するためのシステム)内で実行されるEVMを想定しています。

Kは、開発者がプロ​​グラミング言語の正式なセマンティクスを直感的でモジュール式の方法で定義または実装できるようにすることを目的としています。 「Kはまた、正式な仕様から「構築VMによって修正された」実行可能ファイルを生成します。これは、実際のプログラムやスマートコントラクトを実行するのに十分な速度と強力さを備えています」と発表は述べています。このシステムは、最初から安全で信頼できるコードの作成を支援するように設計されています。

実装されると、KフレームワークはCardanoのブロックチェーンをSolidityとブリッジし、開発者が両方のエコシステムで作業できるようにすることを目的としています。

Charles Hoskinsonが設立したテックスタートアップIOHKからの水曜日のブログ投稿によると、KEVMdevnetはEthereumとの完全な互換性を可能にするように設計されています。 「SolidityはJavaScriptやC ++に似た高級言語であるため、EVMで直接実行することはできません。 Solidityプログラムは、最初にアセンブリ言語(EVMバイトコード)にコンパイルして、KEVMで実行できるようにする必要があります」と、IOHKのマーケティングディレクターであるTimHarrison氏は述べています。

Cardano開発者は、KEVMに加えて、GlowやIELEなどの他の開発者も展開する予定です。ハリソン氏によると、カルダノエコシステム内のパートナーであるMuKnによって開発されたGlowは、次に展開されるdevnetになります。 「コア開発作業のほとんどは現在完了しており、2021年1月の最終的なQAと展開の準備ができています」と彼は言いました。

IELE仮想マシンは、CardanoコミュニティパートナーのRuntime Verificationによって開発され、EVMよりも安全なシステムを提供することを目的としています。

カルダノエコシステムは、新しい主要な機能をもたらすために、スマートコントラクトテクノロジーを積極的に統合しています。木曜日、IOHKはWolfram Blockchain Labsと提携して、CardanoブロックチェーンからのデータをWolfram Alphaに統合しました。これは、AppleのSiriアシスタントなどの主要サービスにテクノロジーを提供する応答エンジンです。

Catalystの進捗について

Project catalyst(プロジェクト カタリスト):FUND2は、1,765のアドレスから5億6600万のADAが集まり、Ethereumの上位100のDAOをはるかに上回っております。

ADAが買える取引所

カルダノ(ADA)を増やしたい!人気の取引所はどこ?

ステーキング最新情報

カルダノステーキングについて / About Cardano Staking

【人気】スチールウォレットをチェック
TREZOR Model T
【実績重視】SPSのステークプール

重要なお知らせ

SPSは人気のプールなのでエポック234以降に飽和点に達しました。SPS系列プールのLive Stake(₳)バランス(64M ADA未満)を確認しながら、委任先のご変更をご検討ください。

再委任の候補先

【 SPS3SPS4SPS5 】

※全てのプールでブロック生成済みですのでご安心ください。

カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事