NEW-MENU
スポンサーリンク

Tangem NotesにCardano(ADA)が正式対応済み!?

2019年4月2日、
カルダノ財団(Cardano Foundation)の
公式アカウントより、

Tangemは、チップとNFCアンテナを内蔵した物理的なプラスチックカードに暗号通貨を格納して運ぶことができる新しいスマートカードテクノロジを使用しています。 IOHKサミットに出て、家に持ち帰るために1つを入手! カルダノ財団は、すべての参加者のためにスポンサーになります!

公式コミュニティからも、

ツイートがあった。IOHKサミットで全ての出席者に渡される可能性があり、ホルダー内でも、「かっこいい!」「欲しい」との声が。IOHKサミット以外でも手に入れられる方法がわかり次第追記予定。
※ADAクリプトカードのような「限定」の可能性もある。
チャールズホスキンソン氏のツイートでは、

すべての出席者は無料でtangemウォレットを得る。

全員に配られる模様。

スポンサーリンク

Tangem Notesについて

SBIも出資しているTangemについて↓

ADAクリプトカードについて

スポンサーリンク
チャンネル登録

ADAコインを簡単に手に入れる方法
カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事