【更新中】ステーキング最新情報
NEWS

米YAHOO!FINANCEに取り上げられる

2019年5月2日、
YAHOO!FINANCE(ヤフーファイナンス)にカルダノ(ADA)が取り上げられた。
Why Cardano’s news about its Shelley phase is important for decentralisation

【報酬確定!】人気のステークプール

ティッカー:【 SPS 】 ⇒ SPS公式サイト
既に1億ADA以上の委任数が集まっており、ブロック生成済みです。(報酬が得られるプール確定!!)

(ブロック生成の実績が960を超えました。)

※飽和に近い場合、【 SPS2 】へ委任してください。

記事和訳まとめ

Why Cardano’s news about its Shelley phase is important for decentralisation
英文が読める方は コチラ

和訳文章 まとめ

※Google翻訳 全文

スマホユーザー向けに

まとめております。
多少の誤変換にはご了承ください。

カルダノのシェリーフェーズに関するニュースが分散化にとって重要な理由

2019年はカルダノにとってエキサイティングな年であり、それはShelley(シェリー)プロジェクトによる完全分散化に向けてのもう一つの重要なステップを作りました。最近のShelleyのロードマップに関するカルダノのニュースは、コミュニティガバナンスによって運営されるより堅牢なブロックチェーンの約束です。

Shelleyは、ステークプールを実装することによって、カルダノブロックチェーンを完全に分散化されたネットワークに変えることができました。このロードマップにより、ADAの所有者は、アクティブノードを実行できないときに自分のステークを委任することができます。

同時に、Shelleyの下では、ネットワークはPoS(Proof of Stake)合意プロトコルに積極的に参加するユーザーに追加の利点を提供します。

しかし、Shellyフェーズに関する最新のカルダノニュースは、一晩では開催されないでしょう。ネットワークがそのOuroborosプロトコルを実装し、それを新しいロードマップと統合するにつれて、ロールアウトは徐々に起こるでしょう。

このように、彼らはシステムの完全性を制御し、すべてのオペレータのためにブロックチェーンのセキュリティを保証することができます。

このカルダノニュースはブロックチェーンの採用を増やすことができますか?長いプロセスを見ているので、わかりにくいです。開発者は一連の新機能をテストし、ユーザーから受け取ったフィードバックに基づいてネットワーク上にそれらを実装します。

OuroborosとShelleyのしくみ

Shelleyと共に、CardanoブロックチェーンはそのPoS合意プロトコルを改善するでしょう。当初のバージョンでは、PoSブロックチェーンプロトコルは、ノードまたはプールのオペレータが24時間365日アクティブになっていない状況を処理する必要があり、ネットワークが合意に達してトランザクションを検証することが不可能でした。

ノードオペレータがオフラインのときは、コンセンサスが完全であるとは説明できません。そのため、アクティブでない参加者は、ブロックチェーンのコピーが安全かどうかを確認できません。これにより、ネットワーク障害の余地が十分に残され、ブロックチェーンで運用を行う投資家や通信事業者に大きな影響があります。

カルダノの革新的なPoSプロトコルはOuroborosと呼ばれ、この問題に対する解決策を提供します。 Cardanoブロックチェーンでは、参加者(新規またはオフライン)が完全に安全にネットワークに再参加できます。ネットワーク上の最初の信頼できるブロックからブロックチェーンのコピーを再同期できます(Genesisとも呼ばれます)。このプロセスは、PoW(Power-of-Work Consensus)ブロックチェーンでオペレータが使用するプロセスと似ています。

ShelleyについてのCardanoのニュースは、ネットワークが100%完全分散化に達することができることを明らかにしています。オフラインになったブロックチェーン事業者は、委任証明書を使用して、参加権をステークプール事業者に譲渡できます。

運営者が委任している間、彼らは望むように彼らの硬貨を使い続けることができるので、彼らの金銭的権利はこの一時的な移転によっていかなる形であれ影響を受けない。

さらに良いことに、委任者は、自分の利害に比例して、新しいブロックを検証した結果として得られる報酬を受け取る権利がありますが、プール事業者はネットワークをアクティブに保つための含意に対して料金を受け取ります。

カルダノニュースの要約として、Shelleyは3つの方法でネットワークをサポートする予定です。

インセンティブ

利害関係者に報いることによって、開発者は彼らがプロトコルを守り、システムが24時間365日スムーズに動作することを確認することを奨励します。

代表団

利害関係者は、利害関係者がオフラインのときに取引を検証する、利害関係者にブロックに署名する権利を引き渡すことができます。

インフラ

Shelleyを使用して、ネットワークは完全分散化をサポートします。

カルダノニュースの分散化への影響

Shelleyは、ブロックチェーン技術の進化における最も重要なマイルストーンの1つとなるでしょう。集中管理から新しいシステムへの移行であり、より公平で効率的です。この新しい段階で、カルダノは完全に分散したネットワークのために、元帳の管理をコミュニティに渡します。

さらに、ネットワークに積極的に参加するのに十分な技術に精通していないユーザーは、委任することによって、より効果的に貢献することができます。

Shelleyフェーズは、暗号通貨エコシステムの新しい時代を切り開く可能性があります。それは、より効果的なクライアントサポート、ネットワーク上でのより速い同期、およびユーザにとってのより優れた財務ツールを他の利点の中でも提供することができる。

暗号通貨エコシステムにとってなぜ分散化がそれほど重要なのでしょうか。これは、ブロックチェーン事業者間で電力が分散されることを意味するため、ほとんどのネットワークが達成を目指しているものです。簡単に言うと、分散化は、合意プロトコルを尊重しながら、誰でもブロックチェーンに参加してブロックを検証できることを保証します。

カルダノのShelleyフェーズに関するニュースがなぜ分散化にとって重要なのか、という記事がコインリベットの最初の記事に掲載されました。

参照元:Why Cardano’s news about its Shelley phase is important for decentralisation

【正規品】最安値をチェック
Ledger Nano S
TREZOR Model T
【実績重視】SPSのステークプール

カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事