【更新中】ステーキング最新情報
【ステーキング】年間報酬率の概算、インセンティブモデル公開!

年間の収益率は7~8%の見込み、最大15%も視野に

2019年12月6日、
IOHK公式より
Shelleyインセンティブ付きテストネットのインセンティブモデルについて正式な発表があった。

IOHKの公式ブログ内で発表されたインセンティブテストネットでのステーク委任またはステークプール運用に対する報酬の見込みは、ネットワークへの参加割合によって異なるが、エポックごとに約380万ADAが授与される予想。

ネットワーク全体の50%が参加する場合、委任の年間収益は約7〜8%になると推定しており、ネットワーク全体への参加が少ない場合は15%になる可能性がある事がわかった。現在、英語版の記事しかないので以下の和訳を参考にご自身でチェックされる事をオススメする。ステーキングの方法(委任)については追って情報を更新予定!

約7~15%のインセンティブについても、あくまでも見込みであり、ネットワークへの参加率など様々要因で変わってくることが予想される。それもチェックできるのが今回のテストネットであり、来年公開予定のSHELLEYメインネットに向けて大きな成果をもたらす可能性がある。ホルダーの皆さんは積極的に参加をして報酬を得ながら、カルダノ(ADA)の開発に貢献できるチャンス!

【ご案内】カルダノのステークプール

ティッカー:【 SPS 】 ⇒ SPS公式サイト
ITNでは、世界トップクラスの実績!
※メインネットに向けて準備中です。

公式ブログでの発表

Explaining the Shelley Incentivized Testnet incentive model

和訳文章 まとめ

※Google翻訳 全文

スマホユーザー向けに

まとめております。
多少の誤変換にはご了承ください。

Shelley インセンティブテストネット インセンティブモデルの説明

Cardanoのインセンティブモデル、報酬、およびインセンティブテストネットの計画について学習します。

最近、インセンティブについて多くのことを話しました。それは、現在、インセンティブテストネットを実行しているからです。Shelleyテストネットは、利害関係者がステークを委任したり、ステークプールを運営して本物のADA報酬を獲得したりする機会を提供します。今月後半、バランススナップショット(11月29日に撮影)中にダイダロスまたはヨロイのメインネットウォレットのいずれかでADAを持っている人は誰でも、委任者またはステークプールオペレーター、あるいはその両方として、インセンティブ化テストネットに参加できます。

インセンティブテストネットの主な目標の1つは、ゲーム理論を使用してブロックチェーン内で一貫性のあるアクティブで強力な参加を確保するために必要なインセンティブを計算するOuroborosインセンティブホワイトペーパーで行われた仮定をネットワークでテストすることです。

カルダノの基礎は数学です。しかし、その中心的な柱は、より公平で、より透明で、より公平なシステムを作成することを目的とした哲学です。

インセンティブが重要な理由

成功するシステムは、インセンティブの適切な供給に依存しています。会社を考えてください。企業は、従業員が働くための十分な動機付けをしなければなりません。これは、システム内に存在する仕事をすることを意味するだけでなく、目的の標準に特定の機能を実行することを意味します。分散システムについても同じことが言えます(そして、ほぼ間違いなくより重要です)。カルダノは、グローバルな参加者の分散型ネットワークであり、各参加者は、ネットワークの利益が自分の利益と一致することを理解して、それぞれの役割に参加して適切にインセンティブを与える必要があります。

インセンティブメカニズムの概要

カルダノのインセンティブモデルは、合理性の仮定から始まります。各プレーヤーは、それぞれのリターンを最大化するように行動するというものです。これらのリターンはシステムのインセンティブであり、金銭などの有形の報酬や、尊敬、評判、地位、アイデンティティ、または達成などの無形の報酬の形をとることができます。

無私の行為はまれです。個人として、私たちは直接的または間接的に私たちに報いる戦略を追求します。しかし、それぞれが自己の利益から行動する参加者のネットワークは、混乱につながる可能性があります。そのため、成功したシステムは、プロトコル、ルール、または法律で、各参加者にいつどのくらいの報酬が与えられるかを体系化します。ゲーム理論の中核となる原則の1つは、理想的なシステムとは、自分の利益のために行動する利己的な参加者が、システムの利益のために意図的に行動するものであるということです。

これは、ウロボロスのインセンティブメカニズムの機能です。報酬の支払い方法と時期、およびさまざまなレベルのステーク貢献に対する報酬の割合を指定する一連の指示です。参加者の分散ネットワークは、分散システムで調整および共同作業を行い、ネットワークの長期的な健全性に貢献しながら、自己の利益に応じて報酬を受け取ることができます。

カルダノのインセンティブモデルの目的

平等と公平性は、将来のシステムの持続可能性の鍵となりますが、個々の目標や自己利益とは無関係に、システム自体によってのみ保証されます。個人は、ネットワークの運用を妨げたり、他のネットワークの可能性を制限したりしない限り(たとえば、不均衡な制御を獲得することによって)、自由に工夫を凝らし、成果を最大化する必要があります。 1人の参加者が毎回勝者である場合、他の参加者はインセンティブを失い、最終的には権利を剥奪されます。インセンティブホワイトペーパーで概説されているように、カルダノのインセンティブメカニズムの最終的な実装にはこれらの要素が組み込まれており、最大のものが常に勝つとは限らず、最も裕福な人だけが金持ちになるわけではありません。

これは、インセンティブモデルの基礎となるゲーム理論の目的の1つであり、搾取のしきい値とパラメーターをテストし、個人と集団の利益の整合性をテストします。また、同様にインセンティブテストネットの目的の1つです。時間の経過とともに、報酬の計算に新しい要素を導入し、参加者の行動への影響を監視します。

インセンティブモデルのテスト

インセンティブテストネットに導入しているインセンティブモデルは、最終的なモデルではありません。このフェーズを使用してインセンティブモデルをインクリメンタルにテストし、想定を検証し、ネットワークと参加者が予想どおりに応答するかどうかを調査する予定です。

ただし、ゲーム理論をテストするだけではありません。また、テクノロジーをテストし、ベースラインモデルが安全で安定していることが証明された後にのみ、報酬計算の追加要因が含まれるようにします。

最初は、さまざまな要素が報酬の計算に含まれません。これらには、ステークプールの数を増やし、その望ましさに応じてステークプールをより適切にランク付けする要因が含まれます。他の要因も含まれますが、容量は限られており、その機能と計算は時間とともに進化します。これには、ステークプールのランキングが含まれます。最初は、ランキングはステークプールのパフォーマンスに基づいていますが、インセンティブテストネットを進めていくと、望ましさ(コスト、マージン、質のあるステーク、パフォーマンスの組み合わせ)に基づいて移行します。

その後、報酬の計算に追加の要素を徐々に導入します。まず、ステークプールの数の増加を促し、システムが最も望ましいステークプールを促進するようにします。これらはそれぞれ重要であり、段階的なアプローチでそれらを導入することで、それらが意図したとおりに機能し、それぞれがネットワークに意図した効果をもたらすことを保証できます。

インセンティブ化されたテストネットの報酬

インセンティブテストネットでのステークの委任またはステークプールの運用に対する報酬は、ネットワークへの参加の割合によって異なります。エポックごとに約380万ADAが授与されます。ネットワークの50%が参加する場合、委任の年間収益は約7〜8%になると推定されますが、ネットワークへの参加が少ない場合は15%になる可能性があります。報酬計算機はIncentivized Testnet Webサイトで間もなく利用可能になり、他の変数に加えて、さまざまなレベルのネットワーク参加に関連するおおよその報酬を計算できます。これがスニークピークです。

参加率30%での委任報酬の概算

参加率50%での委任報酬の概算

一方、ステークプール運営者にとっては、10,000,000 ADAの誓約額、10ドルのステークプール運営費、インセンティブテストネットへの50%のネットワーク参加、10%に設定されたオペレーターマージンを想定した、ステークプール運営に対する報酬です。 ステークプール委任の総収益率は約12〜13%です。 私たちは、より洗練された報酬計算モデリングを含めるために、時間とともに計算機を更新します。

参加率50%でのおよそのステークプール運営報酬計算

近日公開予定

これはテストネットであり、目的の目的を達成するための反復プロセスが含まれます。ウロボロスのホワイトペーパーで説明されているように、完全かつ完全に機能するインセンティブメカニズムです。 アクターがネットワーク上で不均衡な量の制御を獲得すること。 テストネット全体で参加者の行動を積極的に監視し、報酬の計算にいつどのような追加要素が含まれるかを判断します。

参照元:Explaining the Shelley Incentivized Testnet incentive model

チャールズ・ホスキンソン氏からのメッセージ

チャールズ・ホスキンソン氏(Charles Hoskinson)の
ツイートより、

日本時間の12月6日 06時35分以降に公開。
Surprise AMA December 5th, 2019
(約62分の動画)

字幕の設定方法

Youtubeの字幕設定方法は コチラ

チャンネル登録はコチラ

ステークプール運営者にむけて

昨日、jormungandr v0.8.0-rc8が公開されたばかり!テストネットで安定した状態を保てるか要チェックです。
https://github.com/input-output-hk/jormungandr

ステークプールオペレーターになる方は、公式サイトから手順を確認しましょう。
https://testnet.iohkdev.io/en/cardano/shelley/get-started/guide-for-stake-pool-operators/

Guide for stake pool operators

オペレーターに必要なスキルはコチラで確認してみましょう。
https://staking.cardano.org/ja/staking/

ステーキプールオペレーター向けガイド

公式ガイド
http://static.iohk.io/docs/guides/IOHK-StakePoolOperatorsGuide-ENG.pdf

日本語版
http://static.iohk.io/docs/guides/IOHK-StakePoolOperatorsGuide-JP.pdf

報酬計算機について

インセンティブ付きテストネット報酬計算機
https://staking.cardano.org/ja/calculator/

テストネットに関するまとめ

カルダノステーキングのテストネットに関するまとめ

【正規品】最安値をチェック
Ledger Nano S
TREZOR Model T
【実績重視】SPSのステークプール

カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事