Stakepool Taskforce and Staking
スポンサーリンク

チャールズ・ホスキンソン氏からのメッセージ

2019年1月24日、

カルダノ(Cardano)の開発組織である
IOHK(Input Output HK Ltd.)のCEO
チャールズ・ホスキンソン氏(Charles Hoskinson)より

新たなライブ動画が公開された。

スポンサーリンク

公開されたライブ動画

Stakepool Taskforce and Staking

Youtubeの字幕設定方法は コチラ

内容 まとめ

シェリーロールアウトの前に
ステークプール タスクフォースを作成

ステーキングを一般の人々に考えられるようにする
テストネットから本番システムへ
分権化は近い

チャールズ・ホスキンソン氏は、
YouTubeでライブストリーミングを行い、
代表団とステークが
Cardanoとどのように連携しているかを議論しました。

彼は、
EthereumのCasperとNXTとは「やり方が違う」と主張。

ステーキングを一般の人々に考えられるようにする

彼らは質問のリストを考え出す
タスクフォースを作成したいと思います。

現在、
彼らは自分たちのステークワークについての
「非常に数学的」な説明しか持っていません。

ホスキンソン氏は
ワークグループボランティアの登録フォームも設置。

実際にステークプールを運営することに興味がある人は、
同様にフォームに記入することをお勧めします。

テストネットから本番システムへ

WalletのバックエンドはCardanoから切り離されています。
それから、それらすべてをRustコードまたは
それらの真新しいHaskellコードに
結び付けることができるでしょう。

Rustコードは現在進行中です。

つまり、本質的に、
カルダノロードマップの次の段階である
Shelleyの最初のリリースになるということです。

分権化は近い

Shelleyのロールアウトといえば、
HoskinsonはOBFTが最初のエポックのすべてのスロットで
実行されることを明らかにしました。

次第に、ますます多くのスロットが状態プールに引き渡され、
OBFTはゼロスロットを実行してしまうことになり、
ネットワークの分散化を保証します。

参考記事:Cardano News - Cardano’s Charles Hoskinson Provides Insights Into Stake Pool Taskforce Ahead of Shelley Rollout

カルダノステークプールベストプラクティスワークグループボランティア

Cardano StakePool Best Practice Workgroup Volunteer
ボランティア登録は コチラ

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)

SHELLEY (非中央集権化)アップデートが間近であり、
カルダノ(ADA)の
Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)に
注目が集まる事でブロックチェーン業界に
大きな影響を与えてほしい。

論文などで証明しているカルダノ(ADA)の
ステーキングには価値がある。

ジャパンブロックチェーンカンファレンス2019に登壇予定

チャールズ・ホスキンソン氏も登壇される予定。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
チャンネル登録

ブロックチェーンの世代交代
ブロックチェーン世代

ADAコインを簡単に手に入れる方法
クロスエクスチェンジ毎日配当
クロスエクスチェンジ毎日配当5
カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事