【更新中】ステーキング最新情報
【祝】Vasil(ヴァシル)ハードフォークが成功!スケーリング強化

Babbage(バベッジ) 時代へ突入!スケーラビリティの向上に注目

2022年9月23日 6時46分27秒、Cardanoプロトコルアップデート:「Vasil(ヴァシル)」へのハードフォークが無事に成功しました。

Alonzo(アロンゾ) からBabbage(バベッジ)へ時代遷移!

スケーラビリティの向上が期待され、スマコン(スマートコントラクト)スクリプトの仕様改善であったりトランザクションコストの削減にも注目です。

Cardanoブロックチェーンエクスプローラー
https://explorer.cardano.org/ja.html

EPOCH 365

新しいPlutus v2の機能と拡張機能により、DApp開発者は斬新でエキサイティングなエクスペリエンスを作成できるようになり、拡散パイプラインにより、スループットとネットワーク容量が向上する可能性が解き放たれます。9月27日(UTC)にはPlutus V2コストモデルが適用されます。

Vasil:今後の展望 より

新機能(リファレンス入力、インラインデータム、リファレンス スクリプト、付随出力に対するノードとCLIのサポートを含む)は、新しいPlutusコストモデルと共に、開発者がメインネットで利用できるようになり、正確に1エポック後の9月27日に利用可能になります。

本日 21:44:00 UTC に、IOG チームがCardano Foundationと協力して、HFC イベントを介してカルダノ メインネットのハード フォークに成功し、新しいVasil機能をチェーンにデプロイしたことを発表できて嬉しく思います。

【報酬確定!】人気のステークプール

ティッカー:【 SPS 】 ⇒ SPS公式サイト

☆ブロック生成の実績☆

9,640を突破!

世界トップクラスの人気(タップして開く)

SPSは多くの実績を残しているプールの1つです。

・ステーキング開始直後よりブロック生成
・常に数千万ADA以上の委任数がある
・ブロック生成数も世界トップクラス
・ITN時代を含め2年以上の運営実績

報酬が得られるプール確定!!

世界中のADAホルダー様からの人気があります。CoinPiace運営のプールは、安定したステーキングライフをご提供しております。

PoolTool Awards SPSの実績】

今後の展望

Vasil: what to expect より

Vasil:今後の展望

「機能、パフォーマンス、スケーラビリティの向上。VasilアップグレードがCardanoにもたらすものとは」

続きを読む

IOG(IOHK)
公式ブログURL:https://iohk.io/jp/blog/posts/2022/09/16/vasil-what-to-expect/

Google翻訳(タップで開く)

公式ブログ(英語)URL:https://iohk.io/en/blog/posts/2022/09/16/vasil-what-to-expect/

Vasil:何を期待するか

機能性、パフォーマンス、スケーラビリティの向上。 Vasilのアップグレードがカルダノにもたらすものを見つけてください

2022 年 9 月 16 日 ティム・ハリソン

11分で読めます

Vasil:何を期待するか

カルダノの機能を大幅に改善および強化する Vasil アップグレードの展開まであと 1 週間弱です。新しい Plutus v2 の機能と拡張機能により、DApp 開発者は斬新でエキサイティングなエクスペリエンスを作成できるようになり、拡散パイプラインにより、スループットとネットワーク容量が向上する可能性が解き放たれます。

Vasilの準備は、Cardanoエコシステム全体でしばらくの間進行中です。 IOG とカルダノ財団、SPO、DApp 開発者、および取引所のコア エンジニアリング チームは、集中的なテストと統合の取り組みを行い、肯定的な結果を得ています。 IOG/カルダノ財団の合同チームは、9月22日にプロトコルレベルでVasilを展開するためにハードフォークコンビネーターを使用します。新しい機能 (リファレンス入力、インライン データム、リファレンス スクリプト、および付随的な出力に対するノードと CLI のサポートを含む) は、新しい Plutus コスト モデルと共に、開発者がメインネットで利用できるようになり、正確に 1 エポック後の 9 月 27 日に利用可能になります。

セキュリティ、正確性、表現力

整然としたエキサイティングな旅でした。カルダノの開発は、定義された一連の段階 (「時代」) で進化しました。まず、セキュリティと正確性の基盤です。次に、機能、スケーラビリティ、および表現力です。 Byron 連合時代と、コア プラットフォームを再構築した Byron の再起動は、2020 年夏の Shelley のアップグレードで終わりました。Shelley は、カルダノを世界で最も分散型のプルーフ オブ ステーク プラットフォームに変え、ほぼ 3,000 のアクティブなステーク プールを備えています。 .

2021 年の Mary のアップグレードでは、NFT とマルチアセット機能が導入され、これまでに発行された 600 万を超える固有のネイティブ トークンを使用して、ブロックチェーン スペースで最も活気のある NFT コミュニティの 1 つが作成されました。

2021 年の秋に行われた Alonzo のアップグレードでは、Plutus スクリプト言語を使用してスマート コントラクト機能が実装され、現在 Cardano 上に構築されている 1,000 以上のプロジェクトを目にするエコシステムが確立されています。

Plutus スクリプトの機能強化

Vasil は Plutus v2 を通じて Cardano のスマート コントラクト機能を強化します。これにより、すでに強力なスマート コントラクト プラットフォームの効率が向上します。 Vasil は EUTXO モデルを活用して、より高速で洗練された DApps を実現します。

このアップグレードは、当初から野心的で協力的な取り組みでした。コミュニティは、カルダノ改善提案 (CIP) プロセスを通じて多くの機能強化を要求し、実際に進めました。これは、カルダノ上に構築された開発者コミュニティの活気と継続的な成長をさらに示しています。

Vasilがロックを解除する主な追加機能は次のとおりです。

基準入力 (CIP-31)。このアップグレードにより、オンチェーンでのデータ共有が可能になります。以前は、データムはトランザクション出力で運ばれていました。彼らはブロックチェーン上の情報を保存し、アクセスを提供しました。ただし、このデータムの情報にアクセスするには、データムが関連付けられている出力を使用する必要がありました。これには、使用済み出力の再作成が必要でした。参照入力の追加により、開発者は追加の手順なしでデータムを確認できるようになりました。これにより、UTXO を使用したり再作成したりする必要なく、ブロックチェーンに保存されている情報へのアクセスが容易になります。これは、オラクルなどに役立ちます。
インライン データム (CIP-32)。トランザクション データムは、以前はハッシュとして出力に添付されていました。インライン データムの実装により、開発者はスクリプトを作成し、ハッシュを使用する代わりに直接出力にデータムを添付できるようになりました。これにより、データムの使用方法が簡素化されます。ユーザーは、指定されたハッシュに一致させるためにデータムを提供するのではなく、実際のデータムを見ることができます。

参照スクリプト (CIP-33)。 Alonzo では、Plutus スクリプト内でロックされた出力を使用する場合、スクリプトを使用トランザクションに含める必要がありました。これにより、スクリプトのサイズが増加し、処理に一定の遅延が発生しました。参照スクリプトのアップグレードにより、開発者は各トランザクションに含めずにスクリプトを参照できます。これにより、トランザクション サイズが大幅に縮小され、スループットが向上し、スクリプトの実行コストが削減されます (スクリプトの支払いは 1 回だけで済むため)。
データムと償還者。 Vasil のアップグレードに続いて、開発者は、現在実行中のスクリプトに渡されたものだけでなく、すべての入力の償還者を確認できるようになります。
データのシリアライゼーション プリミティブ。新しい「serialiseData」(CIP-42) Plutus プリミティブは、全体的なメモリと CPU のコストを削減し、より最適化された一般的な方法でデータをシリアル化できるようにします。

コミュニティは、これらの Plutus の更新を熱心に期待しています。 Indigo Protocol、Liqwid Finance、Maladex など、待望の新しい DeFi プロジェクトは、ローンチ時に v2 機能を活用する予定です。また、現在進行中の他の多くのプロジェクトでは、新しい機能を最大限に活用するためにコードをアップグレードします。このように拡張範囲が広いということは、カルダノ エコシステムでは、第 4 四半期以降に、真新しい DApps と新しく改善された DApps (更新と監査後) の展開が開始されます。

新しい、より効率的な Plutus インタープリターの恩恵を受けて、新しい Plutus コスト モデル (9 月 27 日からオンチェーンでアクティブ化) により、v1 と v2 の両方の DApps が安くなります。これらの利点の程度は個々の DApp によって異なりますが、DApp 開発者からの初期のレポートは非​​常に有望です。 Cardano で現在実行されている NFT プロジェクトである Artano は、広範なテストから得られた結果を共有するブログを最近公開しました。 Plutus v2 を利用すると、スクリプト サイズが 90% 以上減少し、それに対応して 75% 以上のコストが削減されました。

その他の機能強化

スクリプト担保調整 (CIP-40) は、トランザクションの検証を改善します。以前は、担保額は取引手数料の 150% に設定され、担保 UTXO には変更が提供されませんでした。これは、スクリプトがフェーズ 2 の検証に失敗した場合、DApp ユーザーは担保として選択された UTXO に保存されているすべての資金を失うことを意味していました。

Vasil の後、DApp 開発者はスクリプト資料の変更アドレスを指定できるようになります。スクリプトがフェーズ 2 の検証に失敗した場合、担保額のみが取得され、残りの資金は変更アドレスに送信されます。

拡散パイプライン

IOG は、ネットワーク パフォーマンスを調整および改善するために、2022 年の初めを通して一連の着実で慎重なパラメーターの最適化 (ブロック サイズやスクリプト メモリ ユニットの増加など) を適用しました。その結果、ネットワークのパフォーマンスは高くなり、負荷は一貫して必要な範囲内に収まっています。

拡散パイプラインは、より高速なブロック伝播を促進するコンセンサス レイヤーのさらなる改良です。また、Vasil の一部として展開されることで、ブロック生産のヘッドルームを増やすことができ、Cardano のパフォーマンスと競争力をさらに向上させることができます。スクリプトの検証プロセスでは、ブロックの伝播時間の一貫性とトランザクション処理速度の向上に貢献する調整と最適化がさらに見られます。拡散パイプラインは、ブロックの伝播時間を改善することで、さらなる調整の余地を広げ、より高いスループットを可能にします。

拡散パイプラインは、ブロックの作成後 5 秒以内 (安全なセキュリティ「上限」​​) にネットワーク内でブロックを共有 (伝播) できるようにすることで、ネットワーク参加者間で新しく作成されたブロックに関する情報を共有するプロセスを効果的に合理化します。拡散パイプラインは、完全な検証の前にブロックを伝播するため、拡散に費やされる時間と検証に必要な時間が「重複」します。

パイプライン処理により、前のブロックのハッシュを参照するブロック ヘッダーが正しく伝達されることも保証されます。ブロックの本体は、次のブロックに含まれるメタデータ内に保持されます。これは、完全なブロックの確認がなくても、DDoS 攻撃に対する耐性に不可欠です。

最終的に、拡散パイプラインは、さらなるパフォーマンスの向上を可能にすることで、スケーラビリティを向上させます。簡単に言えば、引くことができるもう1つのレバーです。いつものように、ゆっくりと、着実に、慎重に変化を起こすことが重要です。コミュニティ テストによって機能が強化されるため、アップグレード直後にアクティビティが「急増」することが予想されます。監視は、ハード フォーク後の少なくとも 4 つのエポックの間継続され、その時点で、「通常の」ネットワーク帯域幅に基づいて、さらなる調整に関する決定が行われます。

「d」パラメータの削除

2021 年 3 月 31 日以降、ブロック生産は完全に分散化されていますが、Vasil のアップグレードでは d パラメータが完全に削除されるため、分散化が永続的に強化され、将来の再連合が防止されることにも注意してください。

最適化されたセキュリティ

最後に、Vasil は、Ouroboros の Verifiable Random Function (VRF) プロセスを最適化します。 Vasil の前は、ブロックの検証には、すべてのネットワーク ホップで 2 つの VRF 機能が必要でした。 Vasil はこれらの関数の 1 つを削除し、ブロックの検証とネットワーク同期の全体的な時間が短縮されました。ユーザーは、セキュリティ設定を損なうことなく、より高いパフォーマンスを体験できます。

テストの夏

Vasil は、いくつかの観点から、複雑な一連の作品を表しています。まずコア エンジニアリングの範囲に関しては、これはネットワーク スタックのすべてのレイヤーに影響を与える、IOG チームがこれまでに試みた中で最も大規模なアップグレードです。その結果、すべてのダウンストリーム コンポーネント (DB-sync、ウォレット バックエンド、Rosetta などを含む) を更新し、完全な回帰テストを行う必要がありました。

また、考慮すべきエコシステムの利害関係者は複数あります。アップグレードが安全かつ確実であること、およびカルダノ エコシステム全体のプレイヤーが完全に準備が整っていることを確認することは、常に最優先事項です。 IOG は明確な計画に取り組んでいますが、ソフトウェア エンジニアリングの性質とこれらの依存関係により、予想よりも時間がかかる可能性があります。

これを念頭に置いて、IOGとカルダノ財団は最近、ハードフォークコンビネーターの日付を「発表」する前に、エコシステムの準備を確実にするために、最終段階でいくつかの明確なクリティカルマス指標に合意しました。

イベント

これらが:

最終的な Vasil ノード候補 (1.35.3) によって作成されたメインネット ブロックの 75%
約 25 の取引所がアップグレードされました (ADA 流動性の約 80% に相当)
プレプロダクションで 1.35.3 にアップグレードされ、メインネットの準備が整っていることを確認する TVL による上位 10 DApps。

これらの指標に対する追跡は継続中です。 SPO コミュニティは、最初に「ボックスにチェックを入れた」ものです。現在、ブロックの 98% が新しい 1.35.3 ノードによって作成されており、設定された最小しきい値を大幅に超えています。これを書いている時点で、取引所の流動性は 60% に近く、主要な取引所の多くが準備完了またはアップグレードの過程にあることが確認されているため、チームはこの点について完全に自信を持っています。 IOG は、多くの主要な DApp プロジェクトと緊密に連携して準備状況を追跡しており、数値は良好に見えます。技術コミュニティの最近の世論調査では、9 月 22 日の準備が整っていることが確認されたため、メインネットのアップグレード日が合意されました。

次は何ですか?

今から合意されたハードフォークの日付までの間に、いくつかのことが起こる必要があります。初期の Vasil テスト用に特別にスピンアップされた Vasil DevNet は非推奨になりました。新しいプレビュー環境は、今後コミュニティのアジャイル開発プラットフォームになり、PreProduction 環境はメインネットをより密接にミラーリングします。 PreProduction 環境でのアップグレードの成功は、メインネットのハード フォーク前の最終段階です。

導入のタイムラインと重要な日付

技術的なタイムラインを詳しく見てみましょう。

Vasil は Cardano の 5 周年記念の月に到着し、ブロックチェーンの機能の段階的な変化を表しています。それでも、カルダノをトランザクションと DApps に使用する通常の ADA 所有者は、ほとんどすべてが舞台裏で行われるため、何もする必要はありません。カルダノ独自のハード フォーク コンビネーター (HFC) テクノロジーにより、エンド ユーザーのアップグレードはシームレスで手間のかからないものになります。彼らがしなければならないことは、効率の向上とトランザクション処理時間の短縮を期待することだけです!

執筆時点では、約。為替流動性は 60% に近づいています。カルダノ財団の取引所チーム IOG は、この数値がアップグレードの時点で 80% のしきい値に近づくと予想していますが、選択した取引所がまだシステムを更新していない場合、取引所で ADA を保持しているユーザーはサービスの中断を経験する可能性があります。ネットワークのアップグレード。個人の流動性が重要な場合、IOG は、アップグレードされた取引所を追跡するか、取引所のカスタマー サポート ページを参照することをお勧めします。

根底にある重要性

このアップグレードは、2021年に惜しくも亡くなったCardanoアンバサダーである故​​Vasil St. Dabov氏にちなんで名付けられました。Vasilはブルガリアの数学者、プログラマー、博学者、自然保護論者であり、生涯で10,000本以上の木を植え、Cardanoの2周年記念式典を主催しました. 2019年、故郷のプロブディフで。

したがって、9 月 22 日が 1908 年にブルガリアの国家 (ヨーロッパで最も古い国の 1 つ) がオスマン帝国から独立したことを宣言した記念日でもあることは、特に胸を打つものであり、完全に偶然の一致です。この最も重要なアップグレードに追加の意味を与える、確固たる非常に意図的なコミュニティの「嬉しい偶然」。

IOG の Twitter と YouTube でアップグレードの進行状況を最新の状態に保ちます。 IOGのすべてのチームから、カルダノ財団とカルダノコミュニティへの継続的なサポートに感謝します。この記事の作成をサポートしてくれた Olga Hryniuk、Fernando Sanchez、Kevin Hammond、Nigel Hemsley、Vitor Silva に感謝します。

取引所・SPO・DAppの状況

IOG(IOHK)公式情報:Ecosystem readiness for Vasil upgrade
https://iohk.zendesk.com/hc/en-us/articles/7981157534105-Ecosystem-readiness-for-Vasil-upgrade

Plutus v2の機能と拡張機能

エポック366(日本時間 9月28日 06時45分11秒)から適用!

9 月 22 日のVasilアップグレードが成功した後、新しい機能 (リファレンス入力、インライン データム、リファレンス スクリプトのノードと CLI のサポートを含む) と新しいPlutusコスト モデルを発表できることを嬉しく思います。 Cardanoメインネットで利用できるようになりました!

次回のアップデート

※更新予定

BASHOフェーズの進捗

スケーラビリティの向上が期待されており、Plutusもアップデート!更なるDapps開発の進化が見込まれます。今後、サイドチェーンについても発表があると思われます。

Vasilでの機能強化と改善点

・スケーリングと最適化
・アプリケーションの成長に対するより良い採用とサポート
・ネットワークのスループットを向上
・レイヤー2機能をサポート

BASHOとは?

https://roadmap.cardano.org/ja/basho/

Vasilの由来

このアップグレードは、2021年に惜しくも亡くなったCardanoアンバサダー、故Vasil St. Dabov氏に敬意を表して名付けられました。Vasil氏はブルガリアの数学者、プログラマー、博学者、自然保護論者であり、生涯で10,000本以上の木を植え、2019年に故郷のプロヴディフでCardano2周年記念式典を主催しました。


Vasil:今後の展望

アーティスト、イチョウ学者、BC アドバイザー、ホロニストであるVasil St. Dabov
Twitterアカウント:@VStDabov

ガバナンスについて

Cardanoの未来はホルダーに意志(投票など)によって進化します。Project catalyst(プロジェクト カタリスト)は既に世界最大のDAOに成長しています!

Catalystの進捗について

現在、Catalyst Fund9が開催されております

投票に参加して報酬のADAをゲット!

カタリスト関連記事(タップで開く)

VOLTAIREとは?

https://roadmap.cardano.org/ja/voltaire/

カルダノサミット2022について

ADAが買える取引所

カルダノ(ADA)を増やしたい!人気の取引所はどこ?

ステーキング最新情報

カルダノステーキングについて / About Cardano Staking

関連記事

【人気】スチールウォレットをチェック
TREZOR Model T
【実績重視】SPSのステークプール

重要なお知らせ

SPSは人気のプールなのでエポック234以降に飽和点に達しました。SPS系列プールのLive Stake(₳)バランス(64M ADA未満)を確認しながら、委任先のご変更をご検討ください。

再委任の候補先

【 SPS3SPS4SPS5 】

※全てのプールでブロック生成済みですのでご安心ください。

カルダノ(ADA)を拡散中!

皆様で、リツイートして
カルダノ(ADA)を広めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事